ゴルフレッスン

低いドローボールを打つ方法を動画で解説【岩瀬裕嵩プロ】

【低いドローボールを打つ方法】動画概要

クラブは通常の距離の番手(8I)と低いドローを打つ番手(6I)を用意します。ここでは6Iを通常よりも1インチ短く持つと8Iと同じぐらいの長さになります。

フェースの向きは目標方向に合わせて構えます。スタンスの向きは目標よりも右側に、打ち出す方向に合わせて、7割ほどでスイングします。

6番を1インチ短く握り低いドローを打つ

今回は140ヤード、通常は8番アイアンで140ヤード打つ場合、今回は6番アイアンで140ヤードを打っていきましょう。

まず握る場所ですけれども8番アイアンでしたら長く握りますが、6番だと1インチ程短く握ります。こうすることによって8番アイアンと同じ長さで握ることができます。

次に構え方はドローを打ちたいのでボールの打ち出し方向は右に打ち出していきます。

7割程度のスイングを意識する

足の向きはクローズスタンスで構えてください。フェースの向きは目標方向、打ちたい方向に合わせてください。ですのでフックフェースになります。この状態で7割程のスイングで打ちます。

フルスイングしてしまうと飛距離が出過ぎてしまうので、7割ほどのスイングで振っていければちょうど140ぐらいの距離が出せると思います。

低い球を打つのにボール位置を変えるという方法もありますが、番手を上げてもらえれば低い球は打つことができるので、皆さん低いドロー球を打ってみてください。

関連記事

  1. シャンクの典型的な原因と対処法を動画で解説【岩瀬裕嵩プロ】
  2. 【ゴルファー必見】綺麗なフォロースルーを取る方法を解説します
  3. インパクトで加速すればアプローチはダフらない!動画で解説【岩瀬裕…
  4. 【バンカー】打ち方の超基本 ボール位置
  5. パターの打ち方は十人十色!基本を”あえて”破った打ち方を見つけよ…
  6. 【初心者向け】ウェッジの打ち方が上手くなる方法3選
  7. アプローチでダフる原因と改善方法を動画で解説【岩瀬裕嵩プロ】
  8. 【ゴルフスイング】アップライトかフラットか?

おすすめ記事

  1. 【ゴルフ】オナーってなに?
  2. 【ゴルフ】オーバースイングの直し方
  3. 【ゴルフ】エージシュートってなに?
PAGE TOP