ゴルフ雑学

【ゴルフ】エージシュートってなに?

ゴルフをしている人は少なからず目標や夢を持ってプレーをしていると思います。

始めたころは100を切りたい。

70台でプレーをしたい。

憧れのコースでプレーをしたい。

ホールインワンを決めたいなど目標や夢はありますか?

その中でのある程度の年齢になると達成したい目標が出てきます。

それは「エージシュート」です。

耳にした事がある人もいると思いますが、意味を理解していない人もいると思いますので説明していきたいと思います。

そもそもエージシュートとは?

エージシュートとはゴルフの1ラウンドで、プレイヤー自身の年齢と同じかそれ以下のスコアでホールアウトする事です。

例えば年齢が72歳でスコアが72以下であれば「エージシュート」を達成した事になります。

海外でも通用するゴルフ用語ですが「エージシュート」を達成するには定められた規定があり、それをクリアした人だけがもらえる称号なのです。

エージシュートにも規定がある?

エージシュートの規定は大きく分けて3つあります。

1、18ホールであること

2、総距離が男子が6000ヤード以上、女子が5000ヤーど以上であること

3、年齢は基本的に満年齢であること

以上が規定になります。

1の18ホールである事は大前提ですよね。

2の総距離が男子6000ヤード、女子5000ヤードである事について、総距離が定められているのは最近のゴルフ場は青ティー、黒ティー、白ティー、赤ティーなど様々な距離が設定されているので総距離での規定になっています。

3の年齢は基本的に満年齢である事ですが、日本国内では満年齢で数えることが規定として定められています。

韓国では文化として数え年(生まれた年を1歳)なので、ローカルルールとして数え年でもエージシュートが認められるゴルフ場もあるようです。

エージシュートの難しさ

エージシュートとは自分の年齢以下のスコアを出せばいいという至ってシンプルな事です。

しかしシンプルながら達成するには並大抵な事ではありません。

まず18歳以下は達成不可能です。

18ホールを全て1打で上がる事は出来ませんよね。

数字から見ても20代から50代後半はほぼ不可能な数字です。

わずかな希望があるとしたら60代になってからです。

とは言っても60代後半からが僅かな希望になってくるでしょう。

という具合に若い時の達成はほぼ不可能で、60代になってからの達成になるで体力や技術の衰えが出てくるのでエージシュートの達成は難しいのです。

代表的な記録

エージシュートの代表的な記録は、アメリカのエディソン・スミス氏の3358回です。

とんでもない数字です。

68歳に初めてエージシュートを達成して以来、亡くなる95歳までの約27年間で3358回達成し、年間で計算すると125回達成していた計算になります。

日本人では植杉乾蔵氏の1472回で、95歳でエージシュートを達成し現在も更新中です。

一方、最年少記録は1975年のボブ・ハルミトン氏と1977年のムルコム・ミラー氏の「59」です。

しかし2015年にパトリックウイルス氏が「57」という数字出し、記録を塗り替えました。

プロツアーの記録

世界で初めて達成されたのが1979年のPGAツアーで、当時67歳のサム・スニード選手が「67」で達成しました。

しかも2日後も「66」で回り短期間で2回達成しました。

この記録には驚きます。

一方、日本国内のツアーでは2013年で当時66歳だったジャンボ尾崎こと尾崎将司選手が「62」でエージシュートを達成しました。

国内男子レギュラーツアーでは初の快挙です。

2017年にも自身2度目のエージシュートを達成し、その時は70歳でスコアは「70」でした。

一番何歳が達成されやすい?

一番達成されやすい年齢は85歳前後だそうです。

初めてエージシュートを達成した平均年齢は78歳だそうだが、稀にしか出ない記録で定期的に出る様になるのはもう少し年齢が言ってからです。

80歳前後はラウンドの半分の確率での達成、85歳からは90%の確率で達成出来ているので85歳前後が出しやすくなるみたいです。

あるシニアの大会では参加者の約3割がエージシュートを達成していて、達成者の年齢をみてみると84歳から85歳が一番多かったみたいです。

85というスコアを聞くと現実的に可能な数字にはなってきますが、その歳までに元気にラウンド出来る体でいる事が一番大事な事ですね。

エージシュートのお祝いはする?

エージシュートは中々達成出来ない記録なのでお祝いとして、記念品などが喜ばれる品となります。

代表的なものではトロフィーや飾り物ですね。

ネーム入りのボールなどもいいでしょう。

記念になるものを貰えるなら、どんなものでも嬉しいですよ。

ゴルフは何歳になってもできるスポーツ

ゴルフは息の長いスポーツの一つです。

80歳、90歳でサッカーや野球をやっている人はあまり聞きませんが、ゴルフでは聞きますよね。

その年齢になっても出来るスポーツなのがゴルフの魅力でもあるのです。

ゴルフをするメリット

ゴルフをプレーするメリットはたくさんあります。

健康にも人間関係にもビジネスにも役に立つ事もあります。

①ゴルフは長く出来るスポーツなので年齢が高くなった時の運動不足解消にもなりますし、健康にもなります。

②一人でも練習が出来る事です。

お金はかかりますが、他のスポーツは1人では出来ない事が多いですが、ゴルフは練習場に1人でも行けます。

③普段会えない人に会える事です。

コンペなどでは知らない人がたくさんいます。

何かのきっかけで話す事があり、いい出会いになるかもしれませんよ。

④ビジネスで役立つ事です。

取引相手や会社の社長や上司などと行く機会があれば、距離を縮めるチャンスかもしれません。

仕事以外で会う事などないに等しい人たちとプライベートで一緒になるので、意外な一面を見る事で印象がカラッと変わる事もありそうですよね。

⑤ストレス発散になる事です。

ボールを打つ事で自然とストレス発散になっています。

練習場が近くにある人はすぐに行けるのでいいですね。

コースなども少し遠い場所ならプチ旅行気分になれますし、自然に触れる事で心が癒されます。

まとめ

ゴルフは何歳になっても出来るスポーツです。

付き合いや健康にも役に立つ、いいツールの一つだと思います。

長くやるには夢や目標があればモチベーションも上がります。

その目標の一つにエージシュートも入れてみてはいかがですか?

心と身体も健康に保てますよ。

関連記事

  1. 【ゴルフのマナー】謝罪なしの”打ち込み”ゴルファーと”ゴルフ愛”…
  2. 世界の色んなゴルフ場の名物ホールを調べてみたら全部行きたくなった…
  3. ウェッジの選び方でショートゲームが激変! あなたのゴルフの即戦力…
  4. ゴルフウェアの代わりに色々なスポーツウェアを使ってみました。
  5. ゴルフの筋肉の話|プロとシングルだけが発達している筋肉がある。
  6. 【アプローチ】初心者必見 簡単に寄せる方法
  7. 100切りできる人の割合は何パーセント?【具体的な上達方法あり】…
  8. ティーはあなたのゴルフのレベルを教えてくれる|一目置かれるゴルフ…

おすすめ記事

  1. 【ゴルフ】オナーってなに?
  2. 【ゴルフ】オーバースイングの直し方
  3. 【ゴルフ】エージシュートってなに?
PAGE TOP