ゴルフレッスン

【ゴルフ】オーバースイングの直し方

自分のスイングで直したい所はどこですか?と聞くとオーバースイングと答える人は多いと思います。

オーバースイングになってしまう理由は、飛ばしたい欲からくるものです。

飛ばしたくない人はいないので、ゴルファー誰もが持っている欲だと思います。

オーバースイングはよくないものと言われていますが、一概にそうだとは言えません。

一流のプロでもオーバースイングの人はたくさんいます。

簡単に言えば曲がらないで飛べばオーバースイングでもいいのです。

ではなぜオーバースイングがダメなのか?

オーバースイングが原因で上手く当たっていない可能性があるからです。

オーバースイングにしたくてやってる人はいないと思います。

勝手にオーバースイングになってしまうと思うので、なってしまう原因を見つけましょう。

オーバースイングとは

オーバースイングとはバックスイングのトップの位置にクラブが来た時に、ヘッドが下方向に向いているほど振りかぶっている状態の事です。

飛ばしたい意識からくることが多く、大きく振りかぶっている状態の事です。

飛ばす意識がない人でもオーバースイングになっている人もいるので、オーバースイングになってしまう原因を考えてみましょう。

オーバースイングの原因1

原因の1つ目はバックスイングを手だけで上げているからです。

手だけで上げた場合クラブはどこまでも上げられます。

肘が曲がり、手首が曲がってヘッドが垂れてしまいます。

この様な上げ方では力は入りませんし、上手く当てる事も出来ません。

振りかぶると飛ぶ気がしますが、手だけで上げても飛距離が伸びる事はありません。

オーバースイングの原因2

原因の2つ目はバックスイングでインサイドに引きすぎる事です。

原因1つ目の手上げがダメなので体を使ってバックスイングをします。

この体の回し方を違う方向に回してしまうと、インサイドに引き過ぎてしまうのです。

インサイドに引いた反動でクラブが回り続けてしまいます。

その結果、回り続けているクラブを手で抑えているので、肘が曲がったトップになりやすく、オーバースイングになってしまうのです。

オーバースイングの原因3

3つ目の原因はスエーによる軸ブレです。

よく言われるギッタンバッコンのスイングです。

バックスイングの時に腰がスエーして右に動くと上半身は左に動きます。

この時に正面から見た時にくの字に体が傾きオーバースイングになります。

オーバースイングの修正

上記の原因は一部であり他にも原因はあります。

治したくても中々直せないのがオーバースイングです。

これからオーバースイングを直す練習方法を紹介しますが、簡単に治るものではありません。

癖は直せないから癖なのであって、根気良く長い目で見てください。

練習方法1

原因の1つ目の手で上げてしまう事の治し方です。

体と一緒に回すのですが、それが出来ないから困っているのですよね。

まずはイメージをしてください。

クラブは持たずにアドレスをしてください。

アドレスをした体勢のまま両手でサッカーボールを持ったとしてください。

そのボールをバックスイングの時に飛球線後方に投げてください。

なるべく遠くに投げてください。

あくまでイメージですよ。

遠くに投げた後、両腕はしっかり伸びていると思います。

バックスイングはここまででいいのです。

後は勝手に上がってくれるのです、ここから先も手で上げようとするので肘が曲がるのです。

クラブを持った時でも、重いものを後ろに投げるイメージで上げると、体を使って上げる事が出来る様になります。

バックスイングの上げる量が今までの半分ぐらいになるので初めは慣れないかもしれませんが、今までが上げすぎなので慣れるまで時間がかかるかもしれません。

練習方法2

原因2つ目のインサイドに引きすぎている事ですが、バックスイングの時に体を水平方向に回そうとします。

しかしそれでは極端にインサイドに引いてしまう事になるのです。

水平に回すという事は地面に対して水平という意味で間違いではないのですが、それは直立に立った場合の時です。

ゴルフは前傾姿勢で打つので地面に対して体は角度が付きます。

その体勢のまま地面に対して水平に回すと、実際には背中側に反って回っている事になるのです。

少しわかりづらいかもしれませんが、前傾姿勢をしているので地面に対して水平に回すのではなく、背骨を中心に水平に回るとなります。

練習方法1の前傾姿勢のまま重いものを飛球線後方に投げるイメージをしてください。

その体の回し方が正しいバックスイングの回し方です。

同じ様に重いものを地面に対して水平に投げたら背中側に投げてしまうと思います。

この動きの反動がオーバースイングになってしまうのです。

練習方法3

原因3つ目のスエーによる軸ブレですがこれは下半身のズレから来ています。

バックスイングの時に膝が必要以上に曲がってしまうからです。

バックスイング時に左膝が大きく曲がってしまう事で上体が左に傾きます。

状態が傾く事でクラブがオーバースイングしているように見えてしまうのです。

膝は曲がりますが大きく曲がると体のバランスが保てないので、腰も右にして上体を左に傾ける事でバランスを保っているのです。

この体制はクラブを担ぎやすい体制なのでオーバースイングになりやすいです。

またまた原因1のボールを飛球線後方に投げるとこの動きは絶対に出来ないはずです。

飛球線後方の遠くにボールを投げるイメージをすると膝は大きく曲がる事なく、踏ん張る感覚になります。

それが正しいバックスイングの下半身の使い方で、しっかり踏ん張る様になるのです。

オーバースイングにメリットはある?

オーバースイングのメリットは飛距離が伸びる事です。

しかし正しいバックスイングをしている事が前提で、手で上げているなどでは絶対に飛距離は出ません。

正しいオーバースイングはいいと思いますが、長年の努力と天性の才能でもあるのかなと思います。

まとめ

オーバースイングは悪い事ではないと思います。

しかしそれは長い間努力した形かその打ち方が本当に合っている人です。

オーバースイングでもしっかりインパクトができて、飛距離も出るのならオーバースイングがその人に合っている事なのでわざわざ直す必要はありません。

逆にオーバースイングじゃないと打てないと思います。

そんな人は稀だと思いますので、今オーバースイングの人は少しずつでいいのでゆっくり直していきましょう。

直る頃にはいいショットが打てているはずです。

関連記事

  1. 【初心者向け】ドライバーの打ち方を解説します【簡単】
  2. ゴルフグリップの選び方とは?【自分に合ったグリップを選ぶ】
  3. アーリーコックと手打ちの関係性を動画で解説【岩瀬裕嵩プロ】
  4. 転がすアプローチで寄せるために気を付けたい2つのこと。
  5. ハンドファーストで打つための正しいアドレスとは?【具体的に…
  6. ヘッドアップの原因と対処法を動画で解説【岩瀬裕嵩プロ】
  7. 左足下がりを上手く打つ方法を動画で解説【岩瀬裕嵩プロ】
  8. ユーティリティークラブが得意になるボール位置

おすすめ記事

  1. 【ゴルフ】オナーってなに?
  2. 【ゴルフ】オーバースイングの直し方
  3. 【ゴルフ】エージシュートってなに?
PAGE TOP