ゴルフレッスン

ランニングアプローチの打ち方を動画で解説【岩瀬裕嵩プロ】

【ランニングアプローチの打ち方】動画概要

ランニングアプローチはグリーンエッジからボールを低く出して、転がすアプローチのことをいいます。

クラブは7番アイアンを使用して振り幅は7時〜5時のイメージです。小さく振ることによって再現性が高まりミスショットのリスクが減ります。

振り幅によって距離感の違いを身につけられるように練習しましょう。

確実に寄せる!ランニングアプローチの打ち方

今回はアプローチショット、ランニングアプローチをやっていきます。

ランニングアプローチは、主にグリーン周り、エッジと呼ばれるところがあります。そのエッジの付近から打っていきます。

使用クラブは7番アイアンを使っていきます。転がしをすることによって、スイングを小さくすることができます。

スイングを小さくすると再現性がすごく高まるので、小さい振りで確率をあげて確実にピンに寄せていきましょう。

振り幅に関しては、7番アイアンを使用しているので非常に距離が出やすいため、小さい振り幅でやっていきます。

バックスイングで7時から5時。非常に小さい振りです。これで打っていきます。

これでだいたい10ヤードぐらいは飛んで行きますので、皆さんも7番アイアンでグリーン周りからリスクなく寄せてみてください。

ありがとうございました。

関連記事

  1. つま先上がりを上手く打つ方法を動画で解説【岩瀬裕嵩プロ】
  2. 【初心者向け】ゴルフスクールに通うメリットを解説します【経験談】…
  3. フックするのはグリップが原因!動画で解説【岩瀬裕嵩プロ】
  4. 【ゴルフ】自分だけのルーティーンを作る方法を動画で解説【岩瀬裕嵩…
  5. 【パター】初心者必見パッティング超基本
  6. 【バンカー】打ち方の超基本 ボール位置
  7. 左手リードでターフが取れる打ち方を動画で解説【岩瀬裕嵩プロ】
  8. 低いドローボールを打つ方法を動画で解説【岩瀬裕嵩プロ】

おすすめ記事

  1. 【ゴルフ】オナーってなに?
  2. 【ゴルフ】オーバースイングの直し方
  3. 【ゴルフ】エージシュートってなに?
PAGE TOP