ゴルフレッスン

自分に合ったパッティングのグリップを見つける方法を動画で解説【岩瀬裕嵩プロ】

【自分に合ったパッティングのグリップを見つける方法】動画概要

パターのグリップに決まりはありませんがベースとなる基本の握り方を紹介します。

まず左の親指がグリップの側面に対してまっすぐに、手の甲とフェースが目標方向に対して同じ向きになるように握ります。

右手は生命線に沿ってグリップすると手首がロックされた状態になり肩でのストロークがしやすくなります。ぜひ試してみてください。

基本となるパッティンググリップ

パッティングのグリップに決まりはありませんが、ベースとなる基本の握り方を紹介します。

まず左の親指が、グリップの側面に対してまっすぐに、手の甲とフェースが目標方向に対して、同じ向きになるように握ります。

右手は生命線に沿ってグリップすると、手首がロックされた状態になり、肩でのストロークがしやすくなります。ぜひ試してみてください。

順手かクロスハンドがおすすめ

今回は基本のパターの握り方を説明していきます。

パターの握り方ですけれども、これといった握りはないです。決まりはないです。

通常の握り方もあれば、逆に握るクロスハンドの握り方もありますし、右手の方を摘むような形もあれば、長いパターを使って長尺パターの打ち方もあります。

ただ、ベースと言われる握り方があるので一つご紹介していきます。

まず左手の方から握り、左手の生命線をグリップの側面に合わせて握っていただきます。

パターグリップは特徴として正面側が平らにできています。親指が側面に対して真っ直ぐに左手の甲とフェース面が目標方向に対して同じになるように、

右手も同じように生命線沿いにグリップを当てていただいて握っていきます。

右手は全て握って小指も握ります。左手の人差し指だけを右手の方に掛けてください。

距離感は「右手でストローク」を意識する

パターに関しては距離感が大事になります。器用な右手で距離感を出していきたいので右手の親指がパターのグリップに対して真っ直ぐになるように握ってみてください。

こうすると非常に手首がロックした状態になるので手が動きづらくなりますので、肩でのストロークが容易になります。

このグリップがベースの握り方と言われていますので、皆さん、初心者の方は最初にやってみてください。

「合わないな」と思ったら他の握り方、クロスハンドだったりペングリップと言われる握り方を色々と試してみてください。

関連記事

  1. 【アプローチ】初心者必見 簡単に寄せる方法
  2. ユーティリティークラブが得意になるボール位置
  3. 【ゴルフ】自分だけのルーティーンを作る方法を動画で解説【岩瀬裕嵩…
  4. 【ゴルフ】傾斜攻略 傾斜からの正しい打ち方 ボール位置
  5. 【ゴルフ】ボール位置の考え方、正しく理解していますか?
  6. ドライバーのヘッドスピードを上げる方法を動画で解説【岩瀬裕嵩プロ…
  7. アプローチショットが上達する方法を動画で解説【岩瀬裕嵩プロ】
  8. 飛距離アップに効果的な練習ドリルを動画で解説【岩瀬裕嵩プロ】

おすすめ記事

  1. 【ゴルフ】オナーってなに?
  2. 【ゴルフ】オーバースイングの直し方
  3. 【ゴルフ】エージシュートってなに?
PAGE TOP