ゴルフレッスン

【アプローチ】超基本的な打ち方

アプローチが苦手な人も多いはずです。グリーン周りを行ったり来たりしたり、トップしたりザックリしたりと・・・

1パット圏内に打てたらどんなに楽かと、狙って打っても4打5打とグリーン周りで大叩きしてしまう事もあります。

そんな人の為に基本的な打ち方や、状況別の打ち方など解説していきますので参考にして頂きたいと思います。

そもそもアプローチとは?

アプローチショットの意味はピンを狙って打つ事を意味します。

何ヤードからアプローチなのかは人によって違いますが、雑誌などでは100y以内を指す事が多いです。

今回は60ヤード以内の短い距離を説明していきます。

大きく分けて3種類の打ち方を説明していますので、この距離内が悪くても2パット圏内によせられるようになりましょう。

アプローチの超基本1

ランニングアプローチについて説明します。ランニングアプローチは、低いボールで転がしてピンに寄せる打ち方です。

ピンまでの距離を10分割した時に、キャリー1:9ランやキャリー2:8ランのようにして打つ打ち方です。

10分の1の所に落として残りの9を転がして打つやり方で、ランの計算が難しいですが慣れてしまえばこの打ち方が一番安全です。

アプローチの超基本2

ピッチエンドランとは少しボールを上げて、残りを転がす打ち方です。シンプルな打ち方でロフトなりに打って、転がっていくボールです。

ピンまでの距離を10分割した時に、キャリー5:5ランやキャリー4:6ランのようにして打つ打ち方です。

10分の5の半分の所に落として残りの半分を転がして打つやり方で、シンプルな打ち方なのでまずはこの打ち方を覚えましょう。

アプローチの超基本3

ピッチショットとはフワッと上げてほぼランが出ない止める球の打ち方です。

バンカーを越えなければならない時や、砲台グリーンの時など前にある障害物を避ける為に必要な打ち方です。

ピンまでの距離を10分割した時に、キャリー7:3ランやキャリー8:2ランのようにして打つ打ち方です。

10分の7の所に落として残りの3を転がして打つやり方で、上げる打ち方は難しいと感じると思いますがこのピッチショットはそこまで難しくありません。

難しいと感じるのはロブショットの打ち方で、テクニックが必要な打ち方になります。

アプローチで使うクラブは?

基本的にはアプローチウェッジを使います。

ウェッジは別売りで売っているものが多く、人それぞれのセッティングで入っているクラブが違いますので近いクラブを使用してください。

ランニングアプローチでは転がすために、ロフトの立ったクラブを使います。48°~54°まで使う事が多いです。

ピッチエンドランはキャリーとランを半分にしたいので50°~56°までを使う事が多いです。

ピッチショットはランをあまり出したくないので56°~60°を使用する事が多いです。

ランニングアプローチの基本

短い距離なのでスタンス幅は狭めの肩幅ぐらいにして、ややオープンスタンスに構えます。

ボールの位置は右足のつま先に置きます。グリップの位置はいつものショットの位置にして、かなりのハンドファーストの構えになります。

ハンドファーストにする事によってロフトを減らせ、より転がせるようになります。

ボールを右足前に置くことによってダウンブローに入り、すくい打ちをしないようにします。

打ち方は左足体重でパターのように打ちます。10分の1や2の位置にボールを落とすので、飛ばない様に打つ事が大事になってきます。

手先をつかわずにパターのように肩を使った打ち方で、ロングパターを打つ様に打つと狙った位置に落とせるようになります。

ピッチエンドランの基本

ピッチエンドランはある程度長い距離を打ちます。スタンス幅は肩幅ぐらいで、ややオープンスタンスで構えます。

ボールの位置は真ん中から右足の間にします。ピンまでの距離の半分の位置まで打ち、残りの半分はランで転がすのでこの位置のボールの位置になります。

やや左足体重にしてパターのように打ちます。手先を使わずに肩でストロークしてロングパター感覚で打ちます。

手先を使うとスピンが入ったり、トップしたりとミスが出やすくなるのでなるべく手先を使わないで打てるようになりましょう。

ピッチショットの基本

ピッチショットではキャリーまでをフワッと上げて打つ打ち方で、落とすところまでが長く上げなければいけないと思うのでミスの多くなる打ち方です。

上げたいと思うので自分で上げるように打つのでミスが出てしまうのです。勝手に上がってしまう打ち方すればプレッシャーにも強くなります。

スタンス幅は肩幅ぐらいで、ややオープンスタンスで構えます。ボールの位置は真ん中にして左足体重を多めにします。

上げたいと思うから右足体重にしがちですが、逆に左足体重にするのです。そしてハンドダウンにして構えます。

ハンドダウンに構える事によりバックスイングが外に上がりやすくなり、インパクト以降のヘッドの動きがすくう動きになるからです。

自分で上げる動きをしなくても、この構え方をして打てば自然とボールを上げる打ち方になっているのです。

アプローチ練習法

グリーンを使った練習が出来ればそれが一番いいのですが、環境が整っている練習場はなかなかありませんよね。

いつもの練習場で出来る練習方法は、それぞれの打ち方で説明した打ち方で自分の狙った位置に落とせるようにしましょう。

その後のランの事は考えずに、落としどころを決めてそこに打てるまで練習します。

その打ち方を身に付けば、ラウンド中も落とす位置だけを集中して打てるようになるでしょう。

ピッチショットは説明した打ち方にプラスで両肩と両手を結んだ三角形をずっとキープしながら打つと更にボールが上がりやすくなります。

初めはうまくいかないと思いますが、この打ち方を覚えると非常に楽になり、いずれ打つ事になるロブショットの応用にもなるので覚えといて損はないです。

まとめ

アプローチが上手だとゴルフが楽になります。ドライバーやアイアンの調子が悪くても、アプローチが上手ければスコアをまとめる事が出来ます。

ある程度距離があるショットでグリーンに乗る確率はかなり低いと思います。

そこからのアプローチが上手ければ大きくスコアが悪くなる事はありません。

それと小さいスイングはゴルフスイングの基礎になってきますので、アプローチ練習は非常に大切な事なのでしっかり身に付けてください。

関連記事

  1. パームグリップで飛距離アップ!”飛ばしのグリップ”を習得しよう!…
  2. ティーショットを向上させる5つのコツ|飛ばすことより正確性を!
  3. 【100切りの近道】アイアンショットの練習方法やコツを徹底解説し…
  4. トップしないアプローチ練習法を動画で解説【岩瀬裕嵩プロ】
  5. ラフからのアプローチの打ち方~グリーン周り-夏-
  6. 1メートルのパットを外したとき、ラインを悔やむ?ミスパットを悔や…
  7. 【初心者向け】フェアウェイウッドの打ち方を解説します
  8. フェアウェイバンカーの打ち方と6つのコツを解説します【実践的】

おすすめ記事

  1. 【ゴルフ】オナーってなに?
  2. 【ゴルフ】オーバースイングの直し方
  3. 【ゴルフ】エージシュートってなに?
PAGE TOP