ゴルフレッスン

アプローチショットが上達する方法を動画で解説【岩瀬裕嵩プロ】

【アプローチショットが上達する方法】動画概要

アプローチショットはグリーン周りからピンに寄せるためのショットで、スコアメイクには必要不可欠な技術です。この動画では時計の文字盤をイメージして10Y・20Y・30Yの距離の打ち分け方をレッスンします。プレーヤーそれぞれ振り幅によって距離が変わると思いますが、自分の距離感をイメージできるように練習しましょう。

アプローチショットはピンに寄せるためのショット

今回は基本のアプローチをやっていきます。

アプローチショットっていうのは、「寄せる、近づける」という意味があります。アイアンショットがグリーンに乗せることだとすると、アプローチに関しては寄せる。

皆さんピンに寄せていきましょう。

アプローチのスタンス幅は一足分が基本

構え方をやっていきます。構え方は、まず足の幅からやっていきます。

足の幅は一足分。左のつま先をわずかに開きます。

そして、左のかかとを打ちたい方向に対して直角にしていきましょう。推奨クラブについてですが、今回はピッチングを使っています。

アプローチショットは、大体グリーン周りで30ヤード20ヤード10ヤードですが、基本はピッチングかアプローチウェッジを使っていきましょう。

左のかかと延長線上にボールを置いていただいて、左目の下にグリップを置いてもらいます。シャフトがわずかに傾く形になります。

時計盤の練習を以前したと思いますが、振り幅はバックスイングで7時。フォロースルーで5時。これでだいたい10ヤード。

8時から4時。これでだいたい20ヤード。9時から3時。これでだいたい30ヤード。

という基準を作ってみてください。これは人によって距離が変わると思うので、自分の距離感を作ってピンに寄せるアプローチを

やってみてください。ありがとうございました。

関連記事

  1. ダフリ防止&手首の角度キープドリルを動画で解説【岩瀬裕…
  2. ヘッドスピードを上げるなら右手の使い方が重要!動画で解説【岩瀬裕…
  3. インパクトで加速すればアプローチはダフらない!動画で解説【岩瀬裕…
  4. 左足下がりを上手く打つ方法を動画で解説【岩瀬裕嵩プロ】
  5. 自分に合ったパッティングのグリップを見つける方法を動画で解説【岩…
  6. アーリーコックと手打ちの関係性を動画で解説【岩瀬裕嵩プロ】
  7. 【左足上がり】注意するポイント ボールの位置
  8. つま先下がりを上手く打つ方法を動画で解説【岩瀬裕嵩プロ】

おすすめ記事

  1. 【ゴルフ】オナーってなに?
  2. 【ゴルフ】オーバースイングの直し方
  3. 【ゴルフ】エージシュートってなに?
PAGE TOP