ゴルフ雑学

ハンドレイトとは?ハンドファーストとの違いを解説します【具体的】

ゴルファーの皆さんなら「ハンドファースト」という言葉は良く耳にすることがあると思います。

その反対の言葉として「ハンドレイト」という言葉があります。こちらのワードはあまり聞きなれない言葉かもしれません。ハンドレイトとはインパクト時にクラブよりも手が遅い状態のことを指します。

アイアンは基本的にはハンドファーストの形でインパクトできると良いとされています。

今回はハンドレイトについて解説をしていきます。自分のスイングがハンドレイトになっていないかを確認してみてください。

ハンドレイトとは?ハンドファーストとの違いを解説します【具体的】

rear view of coach teaching Asian man practicing golf swing

それではハンドレイトとハンドファーストの違いを解説していきます。

ハンドレイトになると様々なミスを引き起こす原因とるため基本的にはハンドファーストで打てるよう練習をしましょう。

ただしバンカーショットやロブショットなど場面によってはハンドレイトで打たなければいけない場合もあるため使い分けができるように練習してみてください。

ハンドファーストとは

まず初めにハンドファーストについて解説していきます。ハンドファーストとはボールを打つ際にグリップがボールより左側(ターゲット方向)にあることを意味します。

ハンドファーストができると「フェースが開かずスクエアにインパクトできる」ことや「ロフトが立って当たるためボールにロスなくエネルギーが伝えられるため飛距離が伸びる」ことなどのメリットがあります。

ボールをクリーンに打つことができるためショットが安定しスコアアップにつながります。

しかし、このハンドファーストは非常に難しい技術であり身に着けるためには時間がかかります。地道にコツコツと練習を重ねることで徐々に自分のものにしていきましょう。

ハンドレイトとハンドファーストの違いとは

次にハンドレイトとハンドファーストの違いについて解説していきます。

先ほども解説した通りハンドファーストの「ボールを打つ際にグリップがボールより左側(ターゲット方向)にあること」に対してハンドレイトは「ボールを打つ際にグリップがボールの右側(ターゲットと反対方向)にあること」を意味します。

大きな違いとしてはスイング軌道の最下点がボールの手前か先になるかです。ハンドレイトではクラブの最下点はボールの手前、ハンドファーストではクラブの最下点はボールの先となります。

そのため基本的にはドライバー以外はハンドファーストでアドレスし打つことが正解とされています。

ハンドレイトのデメリットとは

ハンドレイトなってしまうとどんなデメリットがあるのでしょうか。

先ほどもお伝えしましたがハンドレイトではクラブの最下点がボールの手前になります。そのため「ボールより先に地面に当たるため、ダフリやチョロ」、「インパクト時にフェースが開いてロフトが寝てしまうためスライス回転になり飛距離が出ない」というデメリットが挙げられます。

ミート率が悪くなり、飛距離が出ないという最悪の状態になってしまいます。ただしハンドレイトについてもバンカーショットやロブショットなど特殊な場面によっては必要となります。

しかし、まずはこれらのデメリットを理解しハンドファーストを基本として練習をしていきましょう。

ハンドレイトを修正する方法を解説します

Getting ready to hit white golf ball on fairway with iron club続いてハンドレイトはどうすれば修正できるのかを解説していきます。ゴルフスイングのインパクトの形はアドレスの再現と言われています。

そのためまずはアドレスをした時からハンドファーストの形で構えることを意識しましょう。その他の気を付ける点も解説していきますので参考にしてご自身の練習に取り入れてみてください。

アドレス時にハンドファーストで構える

まず初めにアドレスについてです。アドレス時からハンドファーストの形を作って構えることを意識しましょう。

具体的なポジションとしてはグリップが「左足太もも内側の前」来るところにアドレスするようにしてください。最初からハンドファーストに構えておくことで実際のインパクト時にハンドファーストの形を作りやすくなります。

グリップがズボンのチャックの前だとハンドレイトの形になってしまうので注意をしてください。

また、アドレス時にハンドファーストの形を意識しすぎると右肩が前に出てしまうことがあります。右肩が前に出ないように右ひじを曲げて方の肩のラインは平行になるように気を付けてください。

インサイドアウト軌道でスイングする

ハンドレイトを修正するためにはスイング軌道をインサイドアウトになるよう意識しましょう。

アウトサイドイン軌道では右肩が前に出てしまいコックが早くほどけハンドレイトになりやすいためです。インサイトアウト軌道でスイングをする練習としてはハーフスイングでボールを打つことが有効です。

「3時から9時」の幅のスイングを、ボールの回転も意識しながら打つ練習をしてください。距離ではなくスイング軌道とボールの回転を意識して練習を行ってください。

また、クラブを通す目印として自分の右側にアイアンを置くとインサイドアウトの軌道でスイングがしやすくなります。

ダウンスイング時に腰をしっかり回す

インサイドアウト軌道でスイングをするコツとしてダウンスイング時にしっかりと腰を回すことに気をつけましょう。

身体が開くことを気にして腰を回さないと身体の回転が止まり腕だけのスイングになってしまいます。

腕だけではクラブを支えることができずコックが早くほどけハンドレイトの形になってしまいます。しっかりとダウンスイング時に腰を回しできたスペースにクラブを降ろしてきてインサイドからクラブを出すように意識しましょう。

ただし腰を回した際に肩も一緒に回らないように気をつけてください。上半身と下半身の捻転差を作るように意識してください。

ハンドファーストで打てるようになるべきです

Golf club and balls in grass. Close up

ハンドレイトとハンドファーストについて解説をしてきました。ドライバーとアイアンでは異なりますが、コースで一番多く使うアイアンについてはハンドファーストで打てるのがベストです。

冒頭でもお伝えした通りハンドファーストで打てるようになるとボールをクリーンに打つことができるため安定したショットを打つことができるようになります。また、ダウンブローに打つことができるようになるためどんなライからも打てるようになります。

ハンドファーストは難しい技術になりますが、スコアアップのためにぜひマスターできるようにしましょう。

なお、ドライバーについては最下点の後にアッパーブローでインパクトするためハンドレイトで打てることが理想となります。

まとめ

Asian woman golf player doing golf swing tee off on the green evening time in the blue sky background.

いかがだったでしょうか。

今回はハンドレイトとハンドファーストについてお伝えしてきました。

いきなりスイングを矯正していくことは難しいため、まずはグリップを「左足太もも内側の前」に来るようなアドレスをすること意識をしてください。

ボールを思ったところに打つことができればゴルフは本当に面白くなります。スコアアップのためにはハンドファーストのスイングを身に着けるように練習しましょう。

今回の記事が皆さんのハンドファーストマスターの参考にしてください。

関連記事

  1. ジュニアゴルファーたちはどんな生活してるの?私がジュニア時代にし…
  2. 自分に合ったゴルフクラブの選び方|ピッタリのクラブに出会いたい!…
  3. グリーン上でゴルフボールをマークする時のルールを再確認!意外とル…
  4. お菓子やお米・漬物まで~元キャディが今までに頂いたものを集めてみ…
  5. 接待ゴルフで気をつけるべき3つのポイント|ビジネスマンのゴルフマ…
  6. ゴルフは紳士のスポーツ!オトゥール選手の良心に学べ~パナソニック…
  7. チャンピオンコースの定義って?なんとなくわかるけど…どんなコース…
  8. ゴルフのルールは難しい「えっ?それもペナルティ?」意外なゴルフの…

おすすめ記事

  1. 【ゴルフ】自分だけのルーティーンを作る方法を動画で解説【岩瀬裕嵩プロ】
  2. 低いドローボールを打つ方法を動画で解説【岩瀬裕嵩プロ】
  3. 低いフェードボールを打つ方法を動画で解説【岩瀬裕嵩プロ】
PAGE TOP