スコアアップ

アイアンでティーショットするメリット、デメリットとは【具体的】

100切りを目指すゴルファーにとって、ティーショットでOBを打つのは、極力少なくしたいものです。

ドライバーの方向性に自信がない場合は、思い切ってアイアンで打ってみるのも、選択肢の一つです。

アイアンと言えばセカンドショットのイメージが強いと思います。しかしショートホールでは、ティーショットをアイアンで打つことも多いはずです。

100切りを目指すために、アイアンでティーショットするイメージをつかんでいきましょう。

アイアンでティーショットするメリットとは

Top Swing

特に狭いホールでのティーショットは、方向性重視のショットを打つ必要があります。

自信がなく、何となくドライバーで打つのであれば、思い切ってアイアンを持ってショットしてみてはいかがでしょうか。

シャフトが短いのでミート率が格段にアップし、方向性もよくなることによって、フェアウェーのキープ率もよくなります。

フェアウェイをキープしやすい

ティーショットを打ってラフに入ってしまうと、夏場は特にラフの芝が長いので、苦労することがあります。

長い芝のラフからのショットでは、どうしてもクラブが芝に負けて、ボールに当たる前にヘッドが返ってしまいます。

そうなると、ボールが弱々しく左方向へ飛んでいってしまうか、ヘタすると、チョロになってしまいます。

できるだけラフを避けるボールを打つには、方向性重視できるクラブで打つことが大切です。

その点を考えると、フェアウェイをキープしやすいアイアンで打ってみることも選択肢の一つに入れてみて下さい。

OBを打つ確率が減る

飛距離をだすことを意識しすぎると、どうしても上体に力が入って、思っているよりも早く上体が回転してしまいます。

上体の回転が早くなると、アウトサイドインのスライス回転になってしまいます。ドライバーで上体の回転が早くなると、ひどいスライスボールが出てしまいます。

また、思っているよりも腕の返しが早いスウィングをすると、逆にひどいフックボールが出てしまいます。

OBが出てしまうメカニズムは、スウィングのリズムの狂いに起因しています。アイアンでティーショットを打てば、同じ早いリズムになってもそれほど曲がらず、OBを避けることができます。

アイアンが得意なら心理的に楽になる

アイアンはウッドに比べてヘッドが小さいので、色々なボールを打つことができます。

少しオープンに構えて高いボールを打ったり、また、少しクローズに構えて低く転がるボールも打つことも出来ます。

それほど扱いやすいクラブになります。高いボールを打ったり、低いボールを打ったりと、このような練習をたくさんしてみて下さい。

アイアンでショットすれば何とかなるという自信がつけば、心理的にかなり楽になります。

ドライバーの調子が悪い時は、思い切ってアイアンでティーショットを打つ選択肢が増えれば、武器になることは間違いないです。

アイアンでティーショットするデメリットとは

100切りを目指すゴルファーにとって、アイアンでティーショットすると、方向性重視のボールが打てるので、スコアメイクには大きな武器になります。

ところが、ティーショットをアイアンで打つマネージメントをしても、落とし穴があります。

どこにデメリットがあるのかを知った上で、武器に変えるよう考えていきましょう。

2打目以降の残り距離が長くなってしまう

最近のクラブセッティングを見ると、ユーティリティーの使用が増えているために、女子プロでもアイアンは5~6番からのクラブセッティングが多くなっています。

例えば350ヤードのミドルホールで、5番アイアンでショットをしても、残り200ヤード近くの距離が残ります。

2打目の距離が長くなるのが、アイアンでティーショットを打つ時のデメリットになります。

しかし100切りを目指すゴルファーにとって、パーオンする必要はまったくありません。

方向性を重視して、確実に3オンを目指すゴルフをして、パーかボギーを狙いましょう。思っているよりもスコアメイクの楽しさを味わえます。

飛ばないのでかえって力んでしまう

ティーショットをアイアンで打つことを決めても、飛ばないのでかえって力んでしまうことがあります。

飛距離をだすことを意識しすぎると、上体が思っているよりも早く回転してしまいます。コースに出ると、より上体に力が入っているはずです。

力んでスウィングリズムが狂ってしまうと、アイアンで打つと決めたマネージメントまで狂ってしまいます。アイアンはドライバーに比べシャフトが短いので、ミート率が高くなります。

その事を頭にしっかり入れて、メリットを活かせるように、力まずにリズムよくスウィングしていきましょう。

70台、80台のスコアが出にくい

アイアンでティーショットすると、方向性重視のボールが打てます。マネージメントとしても、OBや池を避け、また2打目を打ちやすい場所に落として、確実に3オンを目指すゴルフをすることになります。

つまりボギーをコツコツ重ねていくゴルフをすることになるわけです。スコアメイクには、得意なクラブを作って、このクラブなら何とかなる自信を持つことが大切です。

ただ、このマネージメントでは、80台を出すのは、ほぼ無理で、70台は絶対無理です。これくらいのレベルになると、パーオンが必須の条件になってくるからです。

アイアンでティーショットを打っても100切りできます

golfer playing a shot on the fairway

朝のティーショットをドライバーで打って、いきなりOBというのもよくあるケースです。OBを出してしまうと、プレイング4になるケースがほとんどなので、100切りを目指すゴルファーには、スコアに大きく左右してしまいます。

アイアンでティーショットをすると、距離は望めませんが、OBの確率はグーンと下がります。アイアンのティーショットで、3オン狙いで、ボギーを取りにいくゴルフをする訳ですから、100切りは楽勝です。

上級者になると、スコアメイクの技術を持っているので、アイアンでティーショットをする姿を見ると、スコアメイクを考えた、ゴルフが上手になりたい人だと思ってくれます。大切なことは、しっかり練習して、何とかなる得意のアイアンを早く持つことです。

まとめ

上級者でもドライバーが曲がる日は、1~2回使ったら、後はドライバーを持たない日があります。これがスコアメイクを考えるゴルファーの行動です。

100切りを目指すゴルファーは、毎回同じ失敗をして、行動に変化がありません。アイアンでのティーショットにチェレンジして、スコアメイク主体のゴルフをしてみましょう。

必ず考え方に変化が起き、練習方法もアイアン中心になり、得意クラブが出来るはずです。そうなれば、自然と100切りはすぐ目の前にあります。

関連記事

  1. 【ゴルフクラブ】ライ角の基礎知識
  2. アマチュアゴルファーも参考にしたい!石川遼プロの体幹の強さでスコ…
  3. パッティングの悩みはスタイル変更が功を奏す!|すぐに試せるスコア…
  4. プロゴルファーの練習方法の秘密|”パーセントで考える”とスコアア…
  5. ゴルフに嫌われないための方法!グリーンを好きになると見えてくる世…
  6. ライン出しショットのススメ!アイアンは方向性を重要視しよう!
  7. 転がすアプローチで寄せるために気を付けたい2つのこと。
  8. 【左足上がり】注意するポイント ボールの位置

おすすめ記事

  1. 【ゴルフ】オナーってなに?
  2. 【ゴルフ】オーバースイングの直し方
  3. 【ゴルフ】エージシュートってなに?
PAGE TOP