スコアアップ

初心者はピッチングでアプローチするべき理由【論理的に解説】

アプローチウェッジ、ピッチングウェッジ、サンドウェッジ、初めはどれでアプローチすれば良いのかわかりませんよね?

僕も初めはそうでした。クラブを選べても上手く打てずに悔しい思いをしたのを今でも覚えています。

ですが、ピッチングウェッジを極めることにより、苦手だったアプローチを克服することができました。

この記事を読めばアプローチに対する固定概念もなくなり、これまでよりも簡単にグリーンに乗せることができるようになるはずです。

ピッチングウェッジを極めることにより、スコアを確実に伸ばせるという事実にも気づける内容となっているので、ぜひ一読してみてください。

初心者はピッチングでアプローチするべき理由【論理的に解説】

Senior golf player in summer

ピッチングウェッジはゴルフクラブの中で最もオールマイティーな役割をはたしています。

初心者の方でも比較的簡単に浮かすことも転がすこともできるので、アプローチに欠かせない存在です。まずは、なぜピッチングウェッジなのかという理由をご紹介していきますね。

ピッチングウェッジでのアプローチは簡単だから

ピッチングウェッジは1番短いアイアンだと思っていただくとわかりやすいと思います。

そうすると1番簡単なアイアンというイメージができますよね?それなので他のクラブで打つよりもかなりミスを減らすことができます。

さらにピッチングウェッジはボールを浮かすことも転がすこともできるので臨機応変に対応できる万能なクラブです。

初心者が打っても、ある程度上がってくれたり転がってくれたりするような優しい設計になっているので積極的に使ってみましょう。

アプローチウェッジやサンドウェッジは難しいクラブだから

アプローチウェッジやサンドウェッジは、ゴルフに慣れるまで使わなくても大丈夫なクラブです。

アプローチウェッジはサンドウェッジとピッチングウェッジの間の距離を打つためのものですが、ピッチングで調節してしまえば良いので特別必要ありません。

サンドウェッジはバンカーから抜けるためのクラブですがこちらも他のクラブで応用が効くので必要ありません。

中級者になればあった方が有利に進めることができますが、初心者のうちは打つのが難しく、逆にスコアを落としかねないのでピッチングウェッジに集中すると良いでしょう。

ランニングアプローチから始めるべきだから

初心者がいきなりボールを上げてアプローチをするのはかなり難易度が高いので、ボールを転がすランニングアプローチから始めるのが一般的です。

このランニングアプローチをするにもピッチングウェッジが活躍します。なぜならロフトが立っているので低い弾道で打ちやすいためです。

初心者がボールを上げたアプローチをしようとしてしまうと、ダフったり通り越したりなどのリスクが伴います。

それなので初心者のうちは低い弾道で打つランニングアプローチがおすすめです。そのためにもピッチングウェッジの練習に力を入れましょう。

ピッチングウェッジを上手に使うコツとは

Golf player pulling out club on green.

ピッチングウェッジは意識次第で上手く扱えるクラブです。どこに落とせばいいのか、キャリーとランの関係、振り幅など意識する点はいくつかありますが、どれも難しいものではないので、実践してみてください。

グリーンの落とし所を意識する

よくあるミスがピンまで30ヤードだからといって30ヤードの場所をぴったり狙ってしまうことです。

これではボールが転がる距離が計算されていないので余程のミラクルショットが出ないかぎりオーバーしてしまいますよね。

それなのでグリーンの斜面やボールの回転を意識して、どこにボールを落とせばよいのか計算する必要があります。グリーンの斜面は離れていてもある程度は確認ができるので、意識して打つようにしましょう。

また、コースやピンまでの距離によっては、フェアウェイで1回跳ねさせてから転がす打ち方も効果的なので試してみてください。

キャリーとランの関係を意識する

キャリーとランを意識できていない方が多く感じます。例えば、男性の7番アイアンの平均飛距離が150ヤードだとします。

この150ヤードがボールの落ちた場所なのか、転がって止まった場所なのかが分からないと、本番のスコアに大幅な影響が出てしまいます。

それなので飛距離という一括りではなく、キャリーとランを別々に考えるようにしましょう。

自分が打ったボールが何ヤードの場所で落ち、何ヤード転がったのかを知ることにより、的確なコースマネジメントをすることができるのでスコアアップにつなげることができます。

振り幅で距離の調節をする

よくパターで言われているクラブの振り幅で距離の調節をする方法は、ピッチングウェッジにも使うことができます。

特に初心者のうちは力の調節がうまくできないので、力を一定に保ち振り幅で調節するとミスショットがうまれにくいのでおすすめです。

上手く振り幅で距離をあわせるためには、あらかじめ何段階かの振り幅を自分の中で作っておくと良いでしょう。

そうすることにより、常に安定したアプローチを打つことができます。個人的なおすすめは10、30、60です。

細かく設定し過ぎてしまうと調節が難しくなってしまうのでざっくりと3段階で決めてしまいましょう。

ピッチングウェッジ1本あればアプローチは可能です

Male golf player pitching near green.

ピッチングウェッジがあれば飛ばすことも転がすこともできるので、アプローチで他のクラブを使う必要がなくなります。

もちろん慣れてくればサンドウェッジなども使った方がよいですが、初めのうちはピッチングウェッジ1本に絞るのがおすすめです。

わざわざ難しいサンドウェッジやアプローチウェッジに練習時間を割くくらいなら、オールマイティなピッチングウェッジを練習した方が効率できですよね?

ピッチングウェッジだけでも十分に100切りは狙えるので、100を切った後に他のウェッジの練習をするのが上達の近道です。

100を切る頃には、テクニックも磨かれているはずなので、サンドウェッジやアプローチウェッジもそこまで苦戦することなく打つことができるようになっていることでしょう。

また、ピッチングウェッジは比較的重いクラブなので、手打ちも修正できます。他のクラブの上達にもつながるので、積極的に練習してみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、初心者はピッチングでアプローチするべき理由【論理的に解説】についてお話しさせていただきました。

ピッチングウェッジさえ練習すれば100切りも目指せると感じる方も少なくないのではないでしょうか?

事実、ピッチングウェッジを練習すればアイアンもパターもドライバーも上達します。それなので積極的に練習してみてください。確実にスコアを伸ばすことが可能です。

関連記事

  1. ゴルフはルーティンを見直せば、安定感あるゴルフが復活する!?
  2. ゴルフグリップの選び方とは?【自分に合ったグリップを選ぶ】
  3. アイアンでティーショットするメリット、デメリットとは【具体的】
  4. 【2つ目の理由】練習場ではナイスショットなのに、コースではサッパ…
  5. 【ゴルフが上達する!】具体的なコツを解説します【効果あり】
  6. 【ゴルフ初心者向け】自宅で行える練習方法を解説します
  7. 90を切るゴルフ!ダボを打つ原因と解決策~ショット編#2~
  8. 90切りするために必要な練習方法を解説します【具体的】

おすすめ記事

  1. 【ゴルフ】オナーってなに?
  2. 【ゴルフ】オーバースイングの直し方
  3. 【ゴルフ】エージシュートってなに?
PAGE TOP