スコアアップ

90切りするためのパット数はどれくらい?【目標は33パット】

「90切りに必要なパット数の目安はどれくらいだろう」

「90切りに求められるパターのレベルを知りたい」

と考えている方もいるのではないでしょうか。90切りを達成するためにパターは非常に重要な役割を担っています。

では具体的にどのくらいのパット数に収めればいいのでしょうか?本記事では90切りするのに必要なパット数の考え方と、パット数を抑える方法について解説していきます。

ぜひ参考にしてスコアアップに役立ててください。

90切りするためのパット数はどれくらい?【目標は33パット】

Golf player marking ball on the putting green

結論から言うと、目標としては33パットを目指してください。このパット数は、80台で回る方の平均値になります。

つまり90を切るためには、このくらいのパット数で回る必要があるので、33パットを目標にしましょう。

まずは90を切るのに必要なパット数の考え方について、以下の3つを解説していきます。

・基本は1ホール2パットで上がる

・3パットは打たないようにする

・寄せワンでパット数を稼ぐ

上記の考え方をもとにして、90を切るためのパターを身につけてください。

・基本は1ホール2パットで上がる

1つ目の考え方は「基本は1ホール2パットで上がる」ことです。全18ホールを2パットで上がったとしたら、合計で36パットになります。

このうちどこかの3ホールを1パットで上がれたら、目標を達成できます。逆に2パットより多く打ってしまったら、1パットで回るホールが増えてしまい、目標の達成が困難になります。

なので、1ホール2パットで上がることを基本にしてください。

また90切りのためにはボギーペースで回る必要がありますが、2パットで上がることができればボギーも取りやすくなります。

つまりボギーオンさせればOKなので、無理にパーオンさせるといったリスクも取らなくて済みます。

・3パットは打たないようにする

2つ目の考え方は「3パットは打たないようにする」ことです。3パットを打ってしまうと、ダブルボギーや、もしくはトリプルボギーになる可能性も高くなります。

特にトリプルボギーは避けたいことです。90切りを目指すうえでスコアの足を引っ張ってしまうからです。

2パットに収めることができれば、たとえショットの調子が悪かったとしても、ダブルボギーで上がれます。ダボであればスコアを取り返す負担は少なくて済みます。

また3パットになりやすいのは、ロングパットを打つ場合です。ロングパットの1打目で寄せて、2打目でカップインできるように、ラウンド前の練習グリーンで距離感を掴んでおきましょう。

・寄せワンでパット数を稼ぐ

3つ目の考え方は「寄せワンでパット数を稼ぐ」ことです。寄せワンとは、グリーン近くからアプローチでカップに寄せて、1パットで上がることです。

目標の33パットを達成するには、18ホールのうち3ホールを寄せワンで上がる必要があります。

寄せワンを打つには、確実にグリーンにのせられる場合を除いて、ピンを狙いやすい場所にボールを打つことです。

狙うべきところは花道や平坦な場所になります。バンカー越えや池越えは失敗するリスクが高いので、狙うのは避けましょう。

またグリーン奥から寄せワンを狙うのも難しいので、グリーンの手前側に打つようにしてください。

なるべくパット数を最小限に抑える方法とは

She is playing golf in an artificial turf.

これまでは、90切りに必要なパット数の考え方について解説してきました。次項からは、なるべくパット数を抑える方法について解説します。以下の3つになります。

・ロングパットの距離感を合わせる

・1メートルのパットは8割の確率で入れる

・グリーンのラインを読めるようにする

上記の技術を身につけて、目標とする33パットを目指してください。

・ロングパットの距離感を合わせる

パット数を抑える方法の1つ目は「ロングパットの距離感を合わせる」ことです。ロングパットは3打以上打ちやすいので注意が必要です。ロングパットを2パットで収めるには、距離感を合わせることが大切です。少なくとも10メートルや15メートルの距離感は、ラウンド前の練習グリーンで合わせておきましょう。また当日にまわるゴルフコースに、サブグリーンのない広いホールもあるなら、20メートルの距離感も練習しておくのがオススメです。

距離感を合わせる練習をするときは、ボールの転がるイメージをしてみてください。転がりをイメージすることで、ちょうどいいストロークが感覚的にわかるからです。

・1メートルのパットは8割の確率で入れる

パット数を抑える方法の2つ目は「1メートルのパットは8割の確率で入れる」ことです。1メートルのショートパットの精度は、パット数を抑えるためにも大事なことです。1打目のパットをショートさせ、残った距離のパットも外して3パットになる、というのもありがちだからです。

ショートパットの精度を上げるには、狙った方向にまっすぐ打てるようにすることです。出玉がまっすぐであれば、大半はカップインしてくれます。

それに加えてショートパットを打つときは、カップを30センチオーバーする距離感が望ましいです。グリーンの凹凸に影響されて、ラインから外れてしまうのを防げるためです。

・グリーンのラインを読めるようにする

パット数を抑える方法の3つ目は「グリーンのラインを読めるようにする」ことです。特にロングパットのライン読みが大切です。ロングパットの1打目でできるだけ寄せたいのに、ラインを逆に読んでしまうのは致命的です。3パット以上になる可能性が高くなります。

ラインを読むときは、ボールの後ろから見るだけだと間違えやすいので、なるべく全体を見るようにしてください。グリーンに向かうときに、遠目からグリーンの傾斜を確認するのがいいでしょう。プレー時間に余裕があれば、グリーン周りを1周して確認してもいいと思います。いろいろな方向からグリーンを見ることで、ライン読みを間違えにくくなります。

ショートゲームの精度を上げれば、90切りは可能です

Golfer Impact1

パターやアプローチといったショートゲームの精度を上げることで、90切りは可能になります。プレー中のスコアの比率を考えると、ショートゲームの方が打数は多いです。そこを少なくしていくことで、効率的なスコアアップにつながります。特にパターは総スコアのうち約4割を占めているので、90切りのためにパターの精度を上げるのはオススメです。

基本は1ホールを2パットで収めるようにしましょう。そのために、ロングパットの距離感とショートパットの精度、そして間違いのないライン読みがとても大切です。またショートパットが安定して入るようになれば、寄せワンの成功確率も高くなります。

ショートゲームの精度を上げて、スコアアップにつなげましょう。

まとめ

今回は90切りするために必要なパット数の考え方と、なるべくパット数を最小限に抑える方法について解説しました。まとめると、

◎90切りするために必要なパット数の考え方

・基本は1ホール2パットで上がる

・3パットは打たないようにする

・寄せワンでパット数を稼ぐ

◎なるべくパット数を最小限に抑える方法

・ロングパットの距離感を合わせる

・1メートルのパットは8割の確率で入れる

・グリーンのラインを読めるようにする

になります。ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

  1. 【ドライバー】意外と大事なボールの位置
  2. 【ゴルフクラブ】ライ角の基礎知識
  3. 【パター】初心者必見パッティング超基本
  4. アプローチは52度と58度のどちらで打つべきか?【具体的に解説】…
  5. 【100切りに効果的】ショートコースで練習するべき理由とは【論理…
  6. 真冬のゴルフこそスコアアップへの道!上手くなって春を待つ!
  7. 【フェアウェイウッド】簡単に打つためのコツ ボール位置
  8. 安定して100切りするために意識すること7選【効果あり】

おすすめ記事

  1. 【ゴルフ】オナーってなに?
  2. 【ゴルフ】オーバースイングの直し方
  3. 【ゴルフ】エージシュートってなに?
PAGE TOP