スイング改善

ハンドファーストで打つための正しいアドレスとは?【具体的に解説】

最近のレッスン動画でよく耳にするワードとして「ハンドファースト」があります。では、あなたはこのハンドファーストの意味を理解し、ハンドファーストでボールを打つことができていますか?そもそも「ハンドファースト」とはどのような状態のことを指すのでしょうか。

それはボールを打つ際にグリップがボールより左側にあることを意味します。ハンドファーストができると「フェースが開かずスクエアにインパクトできる」ことや「ロフトが立って当たるためボールにロスなくエネルギーが伝えられる」などのメリットがあります。

アマチュアゴルファーにとっては難しい技術ですがゴルフの上達を目指すうえでは欠かすことのできない技術です。ハンドファーストについてまとめましたので参考にしてください。

ハンドファーストで打つための正しいアドレスとは?【具体的に解説】

Golf ball before the swing between legsハンドファーストでボールを打つためのアドレスをご紹介していきます。

ポイントとなるのは「ボールの位置」と「手の位置」です。どちらも正しいポジションを理解することでハンドファーストの形でボールを打つことができるようになります。ゴルフの上達にハンドファーストは欠かせません。ぜひ参考にしてハンドファーストをマスターしてください。

ボールの位置は左足のかかと線上

まず初めにアドレス時のボールを置く位置です。使用するクラブによってボールをセットする位置は異なります。基本的には一番長いドライバーの位置は左足かかとの線上にセットします。

そしてミドルアイアやウエッジなど短くなるほど身体の中心に近づいていきます。クラブの長さに合っていなポジションにボールをセットしてしまうと手元が詰まってしまうなどうまくハンドファーストの形を作ることができません。

とはいえ、ボールをセットする位置には個人差があるので練習でいろいろなボールの位置を試してみて一番うまく打てるポジションを見つけるようにしてみてください。

アドレス時にハンドファーストの形を作る

アドレス時にハンドファーストの形を作って構えることを意識しましょう。

具体的なポジションですが「左足太もも内側の前」にグリップが来るようにアドレスをします。当然ですが最初からハンドファーストに構えておくことで実際のインパクト時にハンドファーストの形を作りやすくなります。

ただし、アドレス時にハンドファーストの形を意識しすぎると右肩が前に出てしまうことがあります。

これではバックスイング時に十分身体を回転することができなくなってしまうため注意をしましょう。

はじめのうちは意識をしないと元に戻ってしまうため、練習の時から意識して早く慣れるようにしてください。

ハンドファーストのメリットとは

Sport Healthy. Asian sporty woman golf player doing golf swing tee off on the green sunset evening time, she presumably does exercise. Healthy and Lifestyle Concept.続いてハンドファーストのメリットをまとめていきます。ハンドファーストは様々な面でのメリットが多くあります。ただしハンドファーストは難しい技術のためすぐに身に着けることはできません。コツコツと練習を重ねて少しずつ自分のものにしていきましょう。

具体的には次から記載をしていきますがきっとメリットの数々を見たらハンドファーストを早くマスターしたくなります。

飛距離が伸びる

ハンドファーストができるとボールをロフトが立った状態でインパクトを迎えることができ飛距離を伸ばすことができます。

飛距離アップに加えロフトが立った状態でボールをインパクトできると、「ボールを捕まえることができより強いエネルギーをボールに伝えることができる」、「弾道が低くなり風に強いボールになる」「スピンが適正になる」、「ダウンブローで打つことができる」といったたくさんのメリットがあります。

ハンドファーストをマスターすると飛距離アップはもちろんですがショット自体が安定するためスコアアップにつながります。

悪いライでもクリーンに打てる

ゴルフでアイアンを打つ基本となる打ち方は「ダウンブロー」です。ダウンブローとはヘッドの軌道が緩やかに上から下に入るような打ち方の事を言います。ハンドファーストをマスターするとクラブがダウンブローの軌道になります。

ダウンブローの軌道であればどのようなライ(ボールがある芝の状態)でもクリーンに打つことができます。特にボールをクリーンに打つことが難しい深いラフでもしっかりと打つことができます。

ハンドファーストやダウンブローと聞くと難しそうですがスコアアップには欠かせない技術なので練習して身に着けるようにしましょう。

ドローボールが打ちやすい

ロフトが寝てフェースが開いてしまうとドローボールを打つことはできません、また、ドローボールを打つためにはクラブのスイング軌道はインサイドアウトが良いとされています。

ハンドファーストをマスターするとこれらが修正されてドローボールが打ちやすいスイングになります。

先ほどもご紹介しましたが球筋がドローボールになると飛距離がアップします。スライス回転の弱いボールではなくトップスピンのかかった強いボールを打つことができます。

また、ドライバーショットのドローボールは空中で失速しにくいだけではなく、地面に着地してからランも出るためより大きな飛距離が期待できるようになります。

ハンドファーストをマスターするとスコアが安定します

ハンドファーストをマスターするメリットをご紹介しました。「飛距離が伸びる」、「悪いライでもクリーンに打てる」、「ドローボールが打ちやすい」とハンドファーストにはメリットがたくさんあります。

特にスコアに直結するグリーン周りのアプローチではハンドファーストにインパクトすることによりボールの手前にクラブが入ってしまうザックリや芝でバウンスがはねてトップするなどのミスを防ぐことだけでなく、フェースの開閉を防ぎ手首の形を保ったままフォロースルーを取れば方向性もアップします。

その他のクラブでもドライバーであれば飛距離アップやドローボールによる球筋の安定、アイアンはボールをクリーンに打つことができるためショット全体が安定します。

まとめ

Golfing

いかがだったでしょうか。

ハンドファーストについてのメリットやマスターするためのアドレスについてご紹介してきました。ハンドファーストをマスターすることはスコアアップにつながります。

難しい技術なのですぐにマスターとはいかないですが、練習を重ねて徐々に自分のものにできるようにしてください。

ただし、あまりハンドファーストを意識しすぎると力が入りすぎたり変な癖が付いてしまったりするためポイントをしっかりと押さえて焦らず練習をしていくことをおすすめします。

今回の記事を参考にしていただきぜひハンドファーストをマスターしてください。

 

関連記事

  1. 【アプローチ】超基本的な打ち方
  2. 【1つ目の理由:後編】練習場ではナイスショットなのに、コースでは…
  3. 【アプローチ】激スピンショットの方法
  4. ショートアイアンの基本的な打ち方を解説します【具体的】
  5. アイアンが上達するコツを3つ解説します【すぐ実践できる】
  6. バックスイングで右ひざはどうなってますか?もしかしたらあなたは”…
  7. ゴルフスイングは下半身リードで!もうおじさんゴルファーなんて言わ…
  8. 【100切りの近道】ボギーオンができれば100切りは可能です

おすすめ記事

  1. 【ゴルフ】オナーってなに?
  2. 【ゴルフ】オーバースイングの直し方
  3. 【ゴルフ】エージシュートってなに?
PAGE TOP