ゴルフレッスン

【スタンスの基本】アドレスでスイングが激変

完璧なショットを打ったつもりが全然違う方向に飛んでいった経験はあると思います。

「あれ?」ってなりますよね。その原因はアドレスの向きが間違っているのです。

アドレスと聞いて簡単じゃんと思う人は多いと思いますが、これが非常に難しいのです。

自分では真っすぐ構えてるつもりが、全然違う方向に構えている事などありふれた事です。

それほど感覚のズレが生じますし、球筋も変わってしまうほどアドレスは大事なのです。

これからアドレスの重要性を解説していきます。

ゴルフのスタンスとは?

ゴルフでアドレスとは構え方で、スタンスとは立ち方やボールの位置を指し、今回はスタンスについて深堀していきます。

ボールに対してどの様に立つのかでほぼ決まってきます。

自分が打ちたい球筋を打つには、打てるようにセットしなければ打てないのです。

ボールに対してどうスタンスをとったら、どんな球がでるのか説明していきます。 

スクエアスタンスについて

スクエアスタンスとは真っすぐという意味です。

ボールとターゲットを結んだラインと、両足のつま先のラインが平行になる構え方をスクエアスタンスと言います。

この構え方が基本となり、まずは覚えて欲しいスタンスです。

基準となるスタンスなのでこれが出来ていないと、これから説明するスタンスがどうなのかが計れなくなります。

オープンスタンスについて

オープンスタンスとは、ボールとターゲットを結んだラインに対して、両足のつま先を結んだラインが左に向くように構えるのがオープンスタンスです。

スクエアスタンスで構えて左足を後ろに引いた構えです。

このスタンスでスイングをした時、ボールとターゲットを結んだラインに対してアウトサイドインのスイングになります。

アウトサイドインのスイングはスライスやフェードボールが打ちやすく、ダウンブローで入りやすくなるのでアイアンショットではグリーンに止めやすいボールが打てます。

オープンスタンスはバックスイングが浅くなりやすくなり、体が突っ込みやすくなるのでしっかりバックスイングを取る意識をしましょう。

クローズドスタンスについて

クローズスタンスとは、ボールとターゲットを結んだラインに対して、両足のつま先を結んだラインが右に向くように構えるのがクローズスタンスです。

スクエアスタンスで構えて右足を後ろに引いた構えです。

このスタンスでスイングをした時、ボールとターゲットを結んだラインに対してインサイドアウトのスイングになります。

インサイドアウトのスイングはフックやドローボールが打ちやすく、アッパーブローで入りやすくなるので飛距離が出るボールが打てます。

クローズスタンスはバックスイングが深く入りやすくなり、シャンクや飛びすぎなどが出やすくなるので、コンパクトにするかクローズスタンスの度合いを少なくするなどしましょう。

 スタンスで確認しておきたいポイント      

自分ではターゲットに向かって真っすぐ構えているつもりが、向いていない事が多いのです。

打つ前にターゲットを決めますよね?

ピンだったりバンカーだったりとコース内の目印になるものにターゲットを決めます。

プラスαでもう少し高い位置にあるものがあれば、そこもターゲットにしてもいいです。

鉄塔やグリーン奥の木の一番高い木など、少し高い所に目線を上げたら高いボールを打てるようになります。

特にティーショットで高い効果がありますので高い目線でのターゲット探しもしてみてください。

 スタンスの向き

スタンスの向きの決め方はまず打ちたい方向のターゲットを決めます。

打つ前にボールの後ろに立って、ボールとターゲットを仮想ラインで結びます。

ピンに打つとして真っ直ぐ打ちたいならピンをターゲットに、フェードを打ちたいならピンより左をターゲットにし、ドローを打ちたいならピンより右をターゲットにします。

その仮想ラインを強く意識してアドレスに入ります。

強く意識する事が大切で、そのラインに対して直線的に入りやすい人や、回り込みながら入りやすい人もいるので試してみてください。

スタンスの幅

スタンス幅は人それぞれの体に合った幅でいいと思います。

広めのスタンスが振りやすい人もいますし、狭めのスタンスが振りやすい人もいます。

それぞれのスタンスで振りやすいスタンスを紹介をしていくので、1つの参考としてください。

スクエアスタンスは自分で自然なスタンス幅で大丈夫です。

そこから広くしたり、狭くしたり自分なりに調整してみてください。

オープンスタンスは狭めのスタンスがオススメです。

オープンスタンスはバックスイングが回りにくいため、体が突っ込みやすくなるので、スタンスを狭めにしてバックスイングを回りやすくなります。

クローズスタンスは広めのスタンスをオススメします。

クローズスタンスはバックスイングが回りやすく、様々なエラーを起こしやすいので、スタンスを広めにして回りすぎを防止しエラーを起こしにくくします。

あくまでも一例なので色々試して自分に合うスタンス幅を探してください。

重心の位置

重心=バランスよくスイングが出来る位置だと思っています。

バランスよくアドレスが出来て、バランスよくスイングが出来ていればそれが自分の重心位置です。

まずアドレスした時に内股がいいのか、ガニ股が構えやすいのかで重心のかけ方が違います。

内股は足の内側で母指球からつま先にかけて重心をかけた方が構えやすいです。

ガニ股は足の外側で母指球からカカト側に重心をかけたほうが構えやすいです。

そしてスクエアスタンスとクローズスタンスは左右の足のバランスを5:5で打ってみましょう。

クローズスタンスで左足体重にしてしまうと、アッパーに入りづらくなりドローが打ちにくくなります。

オープンスタンスは左6:右4で打ってみましょう。

左足体重にする事でインサイドに抜けやすくなり、ダウンブローに入りやすくなるので左足体重にします。

スタンスを正しくとる練習法

まずは自分がどのようにスタンスを取ったら振りやすいのかを探してもらいます。

打ちやすいスタンスを見つけたら、ただ打つのではなくしっかりターゲットを探して、ターゲットにしっかり向いて打ちます。

足元に棒やクラブをターゲットに向けて置いて、それと平行に構えられるようにします。

練習場では常に棒を置いて練習する事をオススメします。

まとめ

ゴルフはアドレスで決まると格言があるぐらい大事な事です。

打ちたい方向に向いていなければ打てる訳がないですよね。

打ちたい球筋、打ちたい方向に打つには正しいアドレスを取らないと打てません。

もう一度アドレスの重要性を確認して頂き、これから始める人は色々試しながら、自分なりのスタンスを手に入れてください。

関連記事

  1. アプローチはダウンブローで打つべきです【論理的に解説します】
  2. 【アプローチ】超基本的な打ち方
  3. トップしないアプローチ練習法を動画で解説【岩瀬裕嵩プロ】
  4. ハンドファーストで打つための正しいアドレスとは?【具体的に…
  5. 【初心者向け】パターの基本的な打ち方を徹底解説します
  6. 【ドライバーショット】ドローボールを打つ方法を解説します
  7. “プロゴルファーから盗んだ”パット上達の練習方法!今すぐできる、…
  8. シャンクの典型的な原因と対処法を動画で解説【岩瀬裕嵩プロ】

おすすめ記事

  1. 【ゴルフ】オナーってなに?
  2. 【ゴルフ】オーバースイングの直し方
  3. 【ゴルフ】エージシュートってなに?
PAGE TOP