マネジメント

5wでティーショットを打つ方法やコツを解説します【効果的】

100切りを目指すゴルファーにとって、ティーショットはドライバーで打つことが当然のことと思っているかもしれません。

確かにドライバーでしっかり遠くに飛ばして距離を稼ぎたいと思うのは当然のことです。しかし、狭いホールやバンカーの多いホール、池超え、クリークなどが気になるホールでは、方向性重視のショットを打つ必要があります。

ドライバーはシャフトの長いクラブなので、どうしてもミート率は悪くなります。方向性重視のホールであれば、思い切って短いクラブでティーショットを打つ決断もしてみましょう。

5wでティーショットを打つ方法やコツを解説します【効果的】

closeup golf club and golf ball on green grass

ティーショットをドライバーの代わりに5wで打ってみましょう。100切りを目指すゴルファーにとっては、今一つ腑に落ちないかもしれません。

ドライバーに比べれば飛距離は劣りますが、それ以上のメリットもたくさんあります。

5wを選択するホールのシチュエーションやスウィングやコツなど、うまく打つための幅広い内容に触れていきたいと思います。

・基本は払い打ち【打ち込みすぎない】

5wでティーショットを打つと言っても、フェアウェーから打つイメージで大丈夫です。

アイアンを打つ時のように上からダウンブローで打ち込むイメージではなく、ソールを滑らせて打っていきます。ほうきで地面を履いているようなイメージでソールを滑らせていきます。

払い打ちはフェアウエーウッドの基本的な打ち方になります。ダウンブローに打ってしまうと

スピンがかかりすぎで飛距離が稼げなかったり、またダフったりしてしまいます。あまり力んで打つ必要はありません。

クラブのフェースを、ボールにミートさせることを意識して、リラックスして打つほうが、飛距離も稼げて納得したショットが出来ます。

・ティーの高さはショートアイアンと同じくらい

5wでティーショットをする時は、ティーアップの高さに気をつけましょう。100切りを目指すゴルファー程、ティーアップが高くなりがちになります。

ダフりたくないという思いが強いと、どうしてもティーアップを高くしたくなるものです。

実はティアップが高いほど、ボールに当てようとして、ダウンスウィングで右肩が下がってしまい、よけいにダフりやすくなってしまいます。

またテンプラのミスも出やすくなってしまいます。ほぼ地面と変わらない、フェアウェイに置いてあるような状態でかまいません。

ちょうどパー3でショートアイアンでティーアップするイメージです。

・適度な力感で体の捻転でスイングする

5wでティーショットを打つ時も、ほうきで地面を履いているようなイメージでソールを滑らせていきます。

このイメージを作るためには、素振りが有効です。胸の正面でグリップとヘッドが平行になるようにクラブを構えます。胸をよく回すように意識して、平行に保ちながら、ゆっくり大きくスウィングします。

適度な力感で身体の捻転でスウィングするイメージは、ゆっくり大きく、ほうきで履くようにスウィングすれば出来るようになります。

後はヘッドが地面につく程度に前傾して、同じようにスウィングすれば、ヘッドがインパクトでしっかりとボールにコンタクトしやすくなります。

5wでティーショットを打つメリットとは

Golf club and ball on Artificial grass in Japan

5wでティーショットする最大のメリットは、ドライバーよりも方向性が安定することです。

ドライバーよりシャフトが短いので、ヘッドが小さめの5wを使用すれば、芯に当たる確率も上がりますし、方向性のブレもかなり抑えることができます。

なによりも、ドライバーに比べ簡単なクラブと言うだけで、プレッシャーを抑えることが出来、自信を持ってショットできます。

・フェアウェイキープ率が上がる

100切りを目指すゴルファーにとって、ドライバーの方向性に課題を感じて、いつも頭をかかえている方が多いのではないでしょうか。

ドライバーを少し曲げただけで、大きなトラブルになることは頻繁にありますから。ドライバーを持つと、いつも息の詰まる思いをする。そんな思いから早く開放していきましょう。

そこでおすすめなのが、5wでのティーショットです。特にフェアウェイの狭いホールでは最適です。

ドライバーよりも格段と方向性が安定しますので、フェアウェイキープ率も格段にあがります。簡単なクラブと言うだけで、自信を持って5wを振ってみて下さい。

・スライスしにくい

ドライバーでティーショットを打つと、大きくスライスしてしまうと感じるゴルファーも多いのではないでしょうか。

5wでティーショットすると、スライスの幅が大きく改善されます。

それは、

①ドライバーに比べロフト角が大きく弾道が高くなること

②ドライバーに比べヘッドが小さく、フェースの返りが良くなること

③ロフト角が大きい分バックスピンがかかりやすく、スライス回転を相殺すること

以上の理由によってスライスしづらいショットを打つことができます。

アイアンでは感じないのに、ドライバーになると大きくスライスすると感じているゴルファーは、思い切ってドライバーの代わりに、5wでティーショットすることをおすすめします。

・5Wがあれば、3Wは必要ありません

ロングホールの2打目は、距離を稼ぐために3Wでショットすることがよくあります。

ところが、3Wでナイスショットを打つのは案外難しいクラブです。ひとつは、長いクラブであることが原因です。

もうひとつは、ロフト角が15°程度の立ったクラブなので、ヘッドスピードがないゴルファーにとっては、ボールが上がらず、低く弱いボールになって、飛距離を稼ぐことが出来ません。

そんなゴルファーには、ロングホールの2打目も5wでショットをする方が確実に飛距離は稼げます。100切りを目指すのであれば、3wは必要ないかもしれません。

ティーショットは2打目が打てる位置におくべきです

Golf Course where the turf is beautiful and Golf Ball on fairway. Golf course with a rich green turf beautiful scenery.

100切りを目指すゴルファーにとって、できるだけ平坦な場所から打てるのもスコアメイクにかかせない要素になります。

狭いホールや距離の短いホールでのティーショットは、ドライバーを使わず短いクラブを持つ選択はしやすいかと思います。

今度は200ヤード前後の地点が、そこだけ左下がりになっていたり、前下がりになっていたりするホールがあります。

これは、設計者が名物ホールにするために、わざと難しくしているケースもあります。そんな時は、2打目を考えて、打てる位置まで飛ばすようにクラブ選択する必要があります。

フラットなライからショットできるのは大きな魅力になります。5wでのティーショットは、こういう場面で役立つクラブになります。

まとめ

100切りを目指すゴルファーにとって、5wでのティーショットのメリットを説明してきました。

ドライバーでしっかり遠くに飛ばしたい思いも分かりますが、100切りを早くして、スコアメイクのコツをつかめば、新たなゴルフの楽しみ方を発見することができます。

得意なクラブが出来ると、他のクラブも打てるようになってきます。5wをしっかり練習して、必要な場面では、思い切ってドライバーの代わりに5wでティーショットをしてみましょう。

関連記事

  1. セカンドショットからのコース攻略!ステップアップゴルフ~コースマ…
  2. 【100切り】コースマネジメントを学ぶべきです【論理的に解説】
  3. ヤーデージブックを活用しよう!ステップアップゴルフ~コースマネジ…
  4. 自分の飛距離を知ろう!ステップアップゴルフ~コースマネジメント準…
  5. 【ゴルフ】赤杭とは
  6. 【パター】正しいラインの読み方を解説します 【即使える】
  7. パー3を攻略するための攻め方はこれだ!リスク回避でボギー時々パー…
  8. 斜面からのショットを攻略!ゴルフコースを想定した練習場での効果的…

おすすめ記事

  1. 【ゴルフ】オナーってなに?
  2. 【ゴルフ】オーバースイングの直し方
  3. 【ゴルフ】エージシュートってなに?
PAGE TOP