ゴルフ雑学

ゴルフで健康になろう! 看護師プロゴルファーが教える「ゴルフが健康に良い理由」

健康維持・増進のためにゴルフをする人、ゴルフのために健康に気をつけている人、様々な方がいると思いますが、ゴルフは健康にとても良いです。

ゴルファーの死亡率は、ゴルフをしない人に比べて40%も低いという研究結果もあります。今回は看護師らしく、「健康」をテーマにお話します。

ゴルフは歩くスポーツ

ゴルフ場に行くと、嫌でも歩きます。全部歩くと、1ラウンドで約30,000歩。カートを使っても、約14,000歩になります。もちろん、コースや腕前によって歩数は前後します。

厚生労働省が推奨している一日の歩数目標は男性8,000歩、女性7,500歩です。目標には届いていませんね。ゴルフ場に行けば、一日の歩数をクリアします。芝がクッションになって、膝への負担も軽減します。なによりも楽しく達成できます。

この「楽しく」はとても重要で、ストレス発散にもなります。楽しいことにより、無理なく運動習慣を継続できます。歩くことは間違いなく健康に良いです。楽しく歩くことが出来るゴルフは最高のスポーツです。

運動強度が少ない

ゴルフは他のスポーツに比べ、運動強度が少ないスポーツであります。その為、高齢になっても続けられます。また、持病を持っている方でも、体調に気をつければゴルフは長く続けられます。高血圧、メタボリックシンドローム、糖尿病などの予防・改善にも、ゴルフは効果的です。

悪いショットが出ても怒ったりせず、楽しむことをオススメします。怒ったりすると、余計ストレスになりますからね。いつまでも生き生きとした生活を送るにはゴルフは最適です。

ゴルフは認知症にも効果的

高齢化社会で問題になっている「認知症」、認知症予備軍を入れると、65歳以上の4人に1人が発症するという計算です。認知症にはなりたくないですよね。

認知症予防のためには

・食事

・運動

・睡眠

・人と会う

・頭を使う

などが大事になります。

最近の研究の結果、ゴルフは認知症にも効果的なことがわかりました。ゴルフは頭この「考える」ということが脳へ刺激を与え、認知症予防につながります。も体も使いますし、人にも会います。確かにゴルフをされる方は元気でしっかりしている方が多いように感じます。

ゴルフは考えるスポーツです。1回のショットだけでも様々なことを考えます。残り距離、ライはどうか、クラブの番手、危険ゾーンはどこか、どこに打つのか、風は?どのようなショットを打つか‥かなりのことを考え、決めて、実際にショットを打ちます。

この「考える」ということが脳へ刺激を与え、認知症予防につながります。また認知症予防には運動が良いとされています。ゴルフで歩くことにより、全身の血流が良くなり脳の機能も改善されます。仲の良い友人や、競技で初めて会う人などと一緒にプレーすることにより、脳の活性化を促します。

一打一打しっかり考えてゴルフをするといいですね。

まとめ

以上、ゴルフが健康に良い理由をお話しました。いつまでも元気で長生きしたい方、持病がある方など、健康に気をつけている方は、どんどんゴルフをしていただきたいと思います。

しかし注意点があります。ゴルフは間違った動きでスイングしてしまうと腰などの体への負担が大きくなってしまいます。長くゴルフをするためにも、一度はお近くのゴルフスクールを訪れてみることをオススメします。

練習やラウンドの時は、準備体操や整理体操をしっかり行いましょう。今回の記事が、皆様のゴルフや健康のお役に立てば嬉しく思います。

関連記事

  1. ラウンド後の練習が効果的な理由と具体的な方法~パッティング編~
  2. ゴルフ初心者やこれからはじめる人が参考にしたいサイト5選
  3. インドアゴルフスクールが人気です!今はレッスンもデータを駆使する…
  4. 愛犬と一緒にゴルフに行こう!リードにつないで同伴ラウンドができる…
  5. 初めてのゴルフ練習場マニュアル|徹底活用してコースデビューを目指…
  6. 日本ツアーの飛ばし屋は誰?プロゴルファーの飛距離調べてみました~…
  7. リオ・オリンピックゴルフ日本代表への道 #4 JDからDJ、そし…
  8. 【ティーチングプロ直伝 】初心者のゴルフクラブ選びのコツ教えます…

おすすめ記事

  1. 【ゴルフ】オナーってなに?
  2. 【ゴルフ】オーバースイングの直し方
  3. 【ゴルフ】エージシュートってなに?
PAGE TOP