お悩み解決

ショートアイアンが苦手な人がやるべき練習方法を解説します【具体的】

ゴルフを始めて最初に練習したクラブがショートアンアンという方は多いと思いますが、ショートアイアンを苦手にしている初心者の方もかなりいると思います。

本来であれば、ショートアイアンは一番短くて振りやすい比較的簡単なクラブのはずですが、トップしたりダフッたりとなかなか上手くボールに当たらない方をよく見かけます。

今回はショートアイアンが苦手という人に向けて、修正点とおすすめの練習方法について順を追ってご紹介していきます。

ショートアイアンの基本的な打ち方を確認します

golf shot man

ショートアイアンが苦手という人は、ティーアップして打てるドライバーのほうが打ちやすいと感じているのではないでしょうか。もしそうであれば、ゴルフをする上で基本的なスイングがまだ身についていないと考えられます。

ショートアイアンはほとんどが地面にあるボールを打つ状況にありますから、打ち方を知っておかないとうまく打つことができず苦手意識を持つようになってしまいます。

まずは基本的な打ち方を順番に解説していきます。

ボールの位置は真ん中

1つ目は、アドレスで構えた時のボールの位置になります。ショートアイアンの場合は、ほぼスタンスの中央にボールをセットするのが正しい位置になります。

ある程度スイングの基本が身についていれば真ん中にあるボールをクリーンに打つことができますが、アイアンが苦手という人は、ボールが真ん中にあると打ちにくく感じるのではないでしょうか。左足か右足のどちらかに偏ってセットしている場合をよく見かけます。

右利きを前提にすると、普段左足寄りにセットする人はクラブが下から上へとすくい上げる打ち方になりやすく、逆に右足寄りにセットする人は利き腕の右手で鋭角に打ち込むようなスイングになりがちです。

ボールの位置が間違っていると、その時点でミスが出やすいスイングになってしまうので、日頃からボールの位置は気を付ける必要があります。

スタンスは肩幅くらい

次に、同じくアドレスで構えるときのスタンスの幅にも基本があります。ちょうど肩幅くらいのスタンス幅になるようにセットするのがおすすめです。

肩幅くらいのスタンスが、一番リラックスできてスイング中に前傾姿勢もブレることなく体の動きが安定しやすくなるからです。

もし肩幅より広いスタンスになると、体の回転が使いづらくなって上体が力んだり手打ちスイングになりやすくなります。

逆にスタンスが狭すぎると、スイング中に足腰と上体が動き過ぎてしまいバランスを崩してミスショットの確率が高くなってしまいます。

安定したショットを打つためには、日頃からスタンスがちょうどいい肩幅サイズに自然にセットできるようになることが大切です。

ダウンブローでスイングする

アドレスのセットアップができたら、いよいよゴルフのスイングで最も重要かつ難解なダウンブローについて説明します。

ショートアイアンが上達するためには、ダウンブローでスイングできるようになることがポイントとなります。

地面にあるボールを芯で捉えながらクリーンに打つためには、手前の芝や土を嚙まないように斜め上から緩やかなダウンブロー軌道でボールを捉える必要があるからです。

ダウンブローで打てるようになれば、ボールの先の芝を削るような上級者のようなスイングができるようになります。

ショートアイアンが苦手という人はダウンブローのスイングではなく、正反対のすくい上げるスイング軌道になっている場合が多く、これがダフリやトップのミスが多くなる原因になります。

ショートアイアンが苦手な人がやるべき練習方法を解説します【具体的】

Healthy Sport. Asian sporty woman swing golf ball practice at golf driving range on evening on time for healthy sport. Lifestyle and Sport Concept

ショートアイアンを打つ上で、基本的な大事な3つのポイントについて説明しましたが、ここからは実際にどうやって練習すればいいのかについて説明したいと思います。

特にダウンブローができていない人は、いつも通りの感覚でただ漠然とスイングしていても身につきませんので、具体的に体に覚え込ませるためのおすすめ練習方法をいくつかご紹介していきます。

ハーフスイングで練習を行う

1つ目はハーフスイングの練習です。

ハーフスイングというと、手や腕だけを9時から3時の位置で振ることをイメージしがちですが、これをやっていては全く意味のない練習になってしまいます。

肝心なことは、腕の上げ下ろしでスイングするのではなく、あくまでも体のねじりによって発生する回転運動を使ってスイングすることが重要です。

この時、クラブヘッドの軌道が体を支点とした自然な円弧を描くように、腕や手の力を使わずにクラブヘッドの重力と遠心力を使ってスイングします。

ハーフスイングで体の回転で円弧が描けるようになることは、インパクトゾーンの正しい動きを体に覚え込ませるのに最適な練習方法ですので是非取り入れてみてください。

コントロールショットを練習する

2つ目におすすめなのがコントロールショットの練習です。

フルショットでは体の回転を使うことはイメージできても、コントロールショットになると距離や方向性を合わせにいってインパクトが緩んだり、小手先を使った手打ちになってしまう人は多いと思います。

その悪い動きを修正するために、日頃からコントロールショットの練習をすることはスイングの基本ができているかをチェックする有効な方法になります。

コントロールショットで大切なことは、スイングの仕方は普通のショットと同じように体の回転とクラブヘッドの遠心力を使いながら、バックスイングとフォローの大きさで距離感の調節をすることです。

体の回転を意識してコントロールショットができるようになれば、スイング軌道が安定するのでミスショットの確率を下げることができます。

体重移動を行わず、ベタ足でスイングする

3つ目におすすめなのがベタ足で打つ練習です。この練習が有効になるミスのタイプは、スウェイ(体重移動)が大きい人になります。

スウェイは、インパクトの前に体の重心が進行方向へ動くために、体の重心とインパクトのポイントがずれてクラブヘッドが戻りきらずにトップしたり、両肩が回りすぎてフェースが開いたままインパクトしてシャンクしたりといった大きなミスの要因になります。

スウェイを防止するためには、一旦、ベタ足で体重移動を使わずに打つ練習をしてみてください。

スウェイが大きい人は、右利きであれば右足の踵が早く浮いて体の重心が打つ前に動いてしまっていると思いますので、クラブヘッドがインパクトゾーンに戻ってくるまでは右足の踵が浮かないように我慢することが重要です。

スコアアップにショートアイアンの上達は欠かせません

Male golf player swinging golf club at dusk.

ショートアイアンはグリーンやピンを狙っていくためのクラブですので、スコアアップを目指すためにはある程度正確な距離と方向性を打ち分ける技術が必要となります。

ショートアイアンが上手い人とそうでない人の違いは、コントロールする意識が高いか低いか、という点に集約されると思います。

コースではフェアウェイでも微妙な傾斜があるので、練習場のような平らなシチュエーションでフルショットできる機会は皆無ですが、ショートアイアンが苦手という人と一緒にプレーしていると、いつでもどこでもフルショットしているケースをよく見かけます。

上級者でもコースではほとんどしないフルショットをいつもしているのですから、ミスの確率が高くなるのは当然といえます。

ショートアイアンは点を狙うクラブです。普段の練習からフルショットすることは控えて、コントロールを強く意識した練習をするように心がけてください。

ショートアイアンのコントロールに自信がついてくると、いつの日かティーショットのミスをカバーしてくれる頼もしい存在になってくれます。

まとめ

今回はショートアイアンの克服法などについて解説してきましたが、ショートアイアンを使うシチュエーションは、ゴルフでいえば最後の総仕上げのショットになるわけですから、上達を目指すのではあればいつまでも苦手のままというわけにはいきません。

ショートアイアンは多くの人が比較的得意にしているクラブでもありますので、もう一度スイングの基本とコントロールする意識をもって練習を続ければ、大きなミスを減らせるようになってきますので、今回ご紹介した内容を参考に是非練習場で試してみてください。

少しでもみなさんの苦手の克服のお役に立てれば嬉しいです。

関連記事

  1. ゴルフスクールに通っても上達しない原因とは?【失敗しないスクール…
  2. ハンドファーストで打つとスライスしてしまうのはなぜ?【解決策あり…
  3. パワーのない女性ゴルファーでもドライバーの飛距離アップは可能です…
  4. フェアウェイウッドがダフる原因とは?解決策を伝授します【具体的】…
  5. トップが止まらない!~その原因と解決策~|ゴルフ何でこうなっちゃ…
  6. 100切りするためにはどれくらいのヘッドスピードが必要か?
  7. 【前編】ドライバーとアイアンの調子が揃わない!~原因と解決策~|…
  8. ゴルフはスタンスが大事!言いたいけど言えない「右向いてますよ」の…

おすすめ記事

  1. 【ゴルフ】オナーってなに?
  2. 【ゴルフ】オーバースイングの直し方
  3. 【ゴルフ】エージシュートってなに?
PAGE TOP