ゴルフレッスン

【初心者向け】パターの基本的な打ち方を徹底解説します

パターって簡単そうにみえてとても難しいですよね。僕はやっとアイアンが上手くなってきた頃にパターが上手くいかなくて挫折したことがあります。

ですが、気持ちを新たにして練習を重ねていくうちに、パターが1番得意になっただけでなく、他のクラブのショットも上達させる事ができました。

この記事ではそんな僕が意識していることや、練習方法の中から初心者でも簡単にできるものを厳選してご紹介しています。

中にはプロが実践していた練習方法などもご紹介しているので、ぜひ、最後まで一読ください。

【初心者向け】パターの基本的な打ち方を徹底解説します

Golfing

せっかくアイアンやドライバーが上手くいってもパターで打数が増えてしまってはもったいないですよね。

ゴルフの中でも1番繊細なショットが必要なパターですが、3つのコツを意識するだけで飛躍的に上達させる事ができます。

振り子運動でパットする

パターはアイアンやドライバーと違い遠くに飛ばす必要がないため、腰の動きはそこまで意識しなくても問題ありません。

その代わりに肩の動きがとても重要です。パターは、たった1打で勝敗が決まってしまうので少しのミスも許されません。

少しでもフェースの向きがずれてしまうとカップに入れる事ができないので、肩の位置を固定して腕を振り子のように振ることが一般化されています。

そうすることにより、構えたままの状態をキープすることができるため、ミスショットが減らす事ができます。

振り子運動は他のクラブでも重要なので、しっかり習得しましょう!

自分に合ったグリップを見つける

パターのグリップを選ぶポイントは2つあります。それは太さと重さです。太くすると余計な力が入りにくくなりストロークが安定し、細めにすると操作性が増します。

重さは操作性重視の人は重め、オートマチックに打ちたい方は軽いものがおすすめです。どれが正解というものはなく、人それぞれなので色々試してみてください。

周りの人のグリップを握って決めるのも良いですが、ヘッドやスイングによっては自分のクラブに合わない可能性もあるので注意が必要です。

僕のおすすめは太めで少し重めです。ストロークが安定して真っ直ぐ転がしやすくなります。

頭を動かさない

頭が動いてしまう人は打ったボールの行方が気になり、早い段階でボールを追ってしまう事が主な原因です。

特にパターは繊細なショットが必要なのでいつも以上に注意しなければいけません。極端に例えると、カップインする音が聞こえるまで追わないという意識でいいくらいです。

ここまで我慢できれば頭が動くということはなくなります。どうしても頭が動いてしまう人はお尻を意識すると良いです。

お尻の位置が固定できれば、前傾姿勢を保てている証なので、必然的に頭の位置も固定されます。

アイアンやドライバーを打つ際も同様にお尻の位置を意識すれば頭のブレを治す事ができるのでおすすめです。

パターが上手い人の特徴とは

Man puts the ball on golf course green

パターが上手い人は細かいテクニックや距離感などの感覚が研ぎ澄まされています。

そう聞くと天性のもののように聞こえてしまうかも知れませんがそうではありません。練習すれば誰にでも習得できるものなのでご紹介していきますね。

パターの芯でしっかりと打てる

芯でボールを打つ事ができないと、的確にピンをとらえることはできません。なぜなら、芯以外でボールを打ってしまうとフェースの向きがズレてしまうからです。

ドライバーやアイアンなら、OBやバンカーを避けられれば問題ありませんがパターは同じようにはいきません。なぜなら、この数ミリのズレでカップインを逃してしまうからです。

振り子打法を習得すれば綺麗に芯でとらえる事ができるので意識して練習してみましょう。

距離感を合わせるのが上手い

芯でとらえてボールを真っ直ぐに転がすことができるようになったら次は距離感です。パターが得意な人は距離感が良いです。

せっかく芯で打つことができてもカップまでと届かなかったり通り越してしまったりしたら意味がないですよね。

距離感は感覚なので慣れる事が大切ですが、特別な練習をするとしたら手でボールを転がす事がおすすめです。

この練習をすれば力加減や距離感の感覚を掴む事ができます。プロゴルファーの渋野選手も取り入れていた練習なのでぜひ試してみてください。

順回転で転がすことができる

プロゴルファーのボールがカップに吸い込まれるように入っていくのは順回転で打てているからです。

順回転で打つと、前に進もうとする力が働くと同時に下方向にも力がかかります。

そうするとカップの緑にかかった際に、下に落ちようとする力が働くため蹴られずにカップインさせることができます。

順回転をかけるにはボールを芯で捉える事が絶対条件なので、まずは芯で捉える練習をしましょう。

ボールとクラブの芯が綺麗にあたれば見違えるほど、パターを上達させる事ができます。

パターに正解はありません【経験が重要】

Golfer putting golf ball to hole

テクニックやコツはありますが、他のクラブと違いパターに正解はありません。握り方も自由です。大切なことは真っ直ぐ転がせるかどうか。

ですので、自分なりの真っ直ぐ転がせる握り方やフォームを見つける事ができればそれが正解です。

シャフトが短いうえにフルスイングもしないのでミスショットで大幅にロスすることはほとんどありません。

ただ、1打で決め切れるかどうかでスコアに大きな影響を与えてしまうので繊細なコントロールと集中力が必要です。

重要な場面でのパターはかなりの緊張感があります。そうすると力んでしまい、普段通りのスイングができなくなってしまいます。

この緊張感に打ち勝つには、練習を重ねて絶対的な自信をつけるか、経験を積んでいくしかありません。諦めずに続けていけば絶対に打ち勝つ事ができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は【初心者向け】パターの基本的な打ち方を徹底解説しますについてお話しさせていただきました。

具体的なコツからプロも実践している練習方法まで知る事ができたと思います。

今回の内容を意識するだけで確実にスコアを縮める事ができるはずです。次のコンペで周りを驚かせられるよう、早速練習してみましょう。

関連記事

  1. 【ゴルフ】ガードバンカー打ち方の基本
  2. ダフリ&スライス防止・切り返しドリルを動画で解説1【岩…
  3. ドライバーの球が上がらない理由と対処法を動画で解説2【岩瀬裕嵩プ…
  4. アイアンの精度が上がる練習法を動画で解説【岩瀬裕嵩プロ】
  5. 【ゴルフ】今よりも飛ばすために必要な体の捻転差を動画で解説【岩瀬…
  6. 【左足上がり】注意するポイント ボールの位置
  7. 低いドローボールを打つ方法を動画で解説【岩瀬裕嵩プロ】
  8. 自分に合ったパッティングのグリップを見つける方法を動画で解説【岩…

おすすめ記事

  1. 【ゴルフ】オナーってなに?
  2. 【ゴルフ】オーバースイングの直し方
  3. 【ゴルフ】エージシュートってなに?
PAGE TOP