お悩み解決

【初心者向け】アイアンが上手く当たらない原因を5つ厳選【解決策あり】

ゴルフ初心者が最初に練習するアイアン。簡単そうに見えて実際に打ってみるととても難しいですよね。

僕は始めたての頃、ボールに当てることすら難しくセンスがないと思っていました。ですがそこから必死に練習を重ねて、今ではスコアを90台にする事ができました。

この記事では、僕が実際におこなってきた練習方法やコツをご紹介しているので最後までお読みいただければ必ずスコアを伸ばす事ができるはずです。

短くまとめているのでぜひ、最後まで一読ください。

【初心者向け】アイアンが上手く当たらない原因を3つ厳選【解決策あり】

woman playing golf in japan

ゴルフ始めたてだと中々ボールにクラブをあてる事も難しいですよね?

原因は複数箇所考えられるのですが、一気にお伝えしてしまうとパニックになってしまうと思うので、3つを厳選してご紹介致します。

この3つを意識するだけでもミート率は格段に上がるはずなのでぜひ試してみてください!

ヘッドアップしてしまうから

ヘッドアップはお尻の位置を意識すると改善できます。頭の位置がブレてしまうという事は前傾姿勢が保てていないということにつながります。

そうすると体全体がブレている事になるので、良いショットが打てない事は想像がつきますよね?

頭の位置を意識しても、打ったボールを追う際に無意識に動いてしまう可能性が高いです。

ですが、お尻の位置を固定しておけばボールを目で追っても体勢が崩れる事はないので、頭よりもお尻を意識して打ってみましょう。

ミート率も上がり、より飛距離を伸ばす事ができるはずです。

 ボールをしっかり叩けていないから

叩けていないを簡単に言い換えると、しっかり振りきていないということです。テニス、卓球、野球のどの競技も振り切らないと良い打球になりません。

ミスを恐れて中途半端に振ってしまうと、最低限あてる事ができてもミスショットに繋がるケースばかりです。なぜなら体をうまく使えなかくなってしまうから。

ミスをしないように中途半端なスイングをすると、中途半端な打球になってしまうのは想像がつきますよね?それなのでミスを恐れずしっかり振り切る習慣をつけてみましょう。

無駄な動きが多いから

ヘッドアップを含め、無駄な動きが多いと力をうまく乗せる事ができません。そのうえ、フェースの向きも定まらないためミスショットも多発してしまいます。

無駄な動きが多い原因は主に体の力みからくるものです。遠くに飛ばそう、ミスをしないように打とうと意識すると無意識の内に体に力が入ってしまいます。

力みの症状が現れた時は70%の力で打つ意識で振ると良い打球が飛びやすくなるので意識してみてください。

それだけで飛距離の伸びを実感できるはずです。

アイアンが上手くなる方法を解説します

Woman golfer playing golf on the field

ボールにあたるようになってきたら次は質や精度を上げる段階にレベルアップです。アイアンが上手くなる方法も全部で3つあります。

僕自身この3つを意識しただけでスコアを伸ばす事ができた内容です。少しの意識で飛躍的にレベルアップできるので、是非試してみてください。

ダウンブローを意識する

ダウンブローと言われるもと難しく感じるかもしれませんがそんな事はありません。コツは1つ。ハンドファーストに構える事です。

ハンドファーストに構えれば勝手にダウンブローで打つ事ができるので、ほかに特別な意識をする必要はありません。

逆に意識をしてしまうと、ヘッドアップなどの無駄な動きの原因となってしまうので注意しましょう。

ダウンブローで打つ事ができれば、1つ2つ上のクラブのロフト角と同等になるので飛距離を伸ばす事が可能です。

また、ボールとクラブの間に芝が入る量を最小限にする事ができるため、ミート率を上げることもできます。

インパクトで緩まずにスイングする

ミート率が下がったり、ボールが思い通りに飛ばなかったりする原因の1つがインパクト時に力がぬけてしまっている事です。

基本的にクラブは軽く握るものですが、インパクト時だけは強く握る必要があります。

なぜなら、ボールに当たる際に力が入っていないとフェースの向きが微妙にずれてしまいうまくミートできないからです。

歯磨き粉やチューブの生姜などギュッと押し出すイメージでやると感覚を掴みやすいと思います。

ボールに当たる瞬間までは脱力して最大限のスピードでクラブをボールまで運び、あたる瞬間に力を入れる。

これを意識するだけで、見違えるほど良いショットを打つ事ができるようになります。

ショートアイアンから練習してみる

フルスイングではなく狙った場所に落とすためのショートアイアンを練習すると、アイアンの安定感を増す事ができます。

どのクラブでも狙った場所にボールを運ぶ事ができればスコアアップは間違い無いですよね?

特に他のクラブより重いショートアイアンは手先だけでコントロールすることが難しいクラブなので、体をうまく使いこなさないと上手く打つ事ができません。

ですので、ショートアイアンを練習すると他のクラブの精度も上げることができるのです。

スコアアップの近道はアイアンを上達させることです

Woman golf player hitting ball.

スコアアップにアイアンが大切なことをわかっている方は多いと思いますが、この中の大半の人たちはボールを遠くに飛ばすことばかりを意識してしまっています。

もちろん飛距離が伸びればスコアを伸ばす事ができます。ですが、初心者がどれだけ練習をしても飛距離に大きな差は生まれません。

なぜなら、体をうまく使いこなせないからです。ですので、まずは狙った場所にボール落とせるようにするコントロールを身につけることをおすすめします。

なぜなら、どれだけ飛距離を伸ばしてもコントロールが悪ければ意味がありませんし、コントロールができるようになれば、自然と体の使い方も上達するからです。

体の使い方が上手くなれば自然と飛距離を伸ばすことも可能になるので、試してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は【初心者向け】アイアンが上手く当たらない原因を5つ厳選【解決策あり】についてお話しさせていただきました。

ミート率を上げる方法や、飛距離を伸ばす方法、最短でスコアをアップさせる方法などをお分かりいただけたと思います。

今回ご紹介したものを全て活かす事ができれば、間違いなく100切りできる内容なので定期的に読み直してみてください。

きっと新たな発見が見つかるはずです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

  1. アプローチでダフる原因とは?ダフらない解決策を伝授します
  2. バンカーショットの打ち方を”物理的”に理解しよう!|間違った打ち…
  3. アイアンがダフる原因とは?ダフらないための解決策を伝授します
  4. ゴルフ場での女性ゴルファーのささやかな悩み|ゴルファーみんなで考…
  5. パワーのない女性ゴルファーでもドライバーの飛距離アップは可能です…
  6. ゴルフを始めて最初の悩みはコレ!ゴルフ初心者のスライスの原因は?…
  7. ウェッジが飛ばない理由を3つ厳選【飛ばなくてもOK】
  8. バンカーはクラブの使い分けが重要!脱出するためのコツとは

おすすめ記事

  1. 【ゴルフ】オナーってなに?
  2. 【ゴルフ】オーバースイングの直し方
  3. 【ゴルフ】エージシュートってなに?
PAGE TOP