スイング改善

アイアンが上達するコツを3つ解説します【すぐ実践できる】

アイアンって知れば知るほど奥が深く難しいクラブですよね?僕は最初の頃、ボールにあてることもできないくらい下手くそでした。

ですが、練習を重ねていくうちに狙った場所に打つ事ができるようになりどんどんゴルフが楽しくなっていきました。

この記事ではそんな僕が長年のゴルフ経験から得たコツの中から、特に重要なものを3つご紹介しています。

簡単なものばかりですが、習得すれば確実に周りと差をつけられる内容となっているのでぜひ、最後まで読んでみてください。

アイアンが上達するコツを3つ解説します【すぐ実践できる】

Senior golfer on fairway.

初心者が最初に苦戦するアイアンショット。ですがここで紹介する3つのコツを意識することで、飛躍的にアイアンショットが上達します。

どれも難しい技術ではないので今日からでも習得できるものばかりです。ぜひ取り入れてみてください。

ダウンブローを意識する

ダウンブローで打つと強力なバックスピンがかかり飛距離が伸びる上にボールが止まりやすくなります。

なぜなら、最下点よりも手前でボールをとらえるダウンブローは、番手2つ上のクラブと同等のロフト角になるのでボールが高く上がり、強力なバックスピンがかかるためです。

さらに、ボールとクラブの間に入る芝の量を最小限にできるため、ミスショットも減らす事ができます。このように、ダウンブローで打つと良いことづくしなので、積極的に取り入れていきましょう。

ただし、最下点の手前で打つと言っても極端に手前から打ってしまうと逆にコントロールしにくくなり、ミスにつながるので気をつけてください。

ハンドファーストを意識する

ダウンブローと同様にハンドファーストで打つとロフト角が立ち、より飛距離を伸ばす事ができます。アドレスの時点でボールよりも飛球方向にグリップが出るように構えるとハンドファーストの完成です。

ハンドファーストを意識することにより、自然とダウンブローで打つ事もできるようになるので一石二鳥です。ダウンブローと同様、極端に意識してしまうと逆にミスにつながってしまうので注意しましょう。

グリップがボールよりも前に出ている事以外は普段通りに打って問題ないので、特別な意識を持たなくて大丈夫です。

ボールを上げようとしない

ボールを上げようとするとすくい打ちやミスショットにつながるのでやめましょう。クラブは基本的にボールが上がる角度に作られているため無理に上げようとする必要はありません。

打つときに意識することは、ダウンブローとハンドファーストだけで大丈夫です。

この2点ができていれば、打球の高さ、飛距離、コントロールの全てを安定させる事ができます。

逆に、欲を出してもっと飛ばそうとしたり高く打ち上げたりしようとすると、ミスショットが増えてしまうので気をつけましょう。

アイアンが上手い人の特徴とは

Woman golf player hitting ball.

アイアンショットが上手い人の特徴を知るだけでも自身のレベルを上げる事ができます。

今回はいくつかある特徴の中から選りすぐりの3つをご紹介します。この3つを意識することで自身のレベルアップにも繋がります。

コントロールショットができる

初心者はどうしても遠くに飛ばすことに意識が向いてしまいますが、それはあまりよくありません。なぜなら、アイアンは遠くに飛ばすものではなく狙うものだからです。

アイアンが上手な人は、狙った場所にボールを落とす事ができる人です。狙った場所にボールを落とす事ができればスコアも伸ばす事ができますよね?

実際にアイアンが上手な人に話を聞いてみると良いと思います。ほとんどの方が力を込めたフルスイングはしていないと答えるはずです。

インパクト時の音が良い

アイアンが上手いかそうでないかは音でも判断ができます。1度ダウンブローを思い出してみてください。

クラブが最下点に到達する前にボールにあたっていますよね?それなのでボールとクラブがあたる「カッ!」という音がなってから芝を擦る音がすると綺麗に打てている証拠になります。

逆に芝を擦る音が先にきたり音が鈍かったりする人は綺麗にボールをとらえられていません。芝を擦る音が最初に聞こえる人は、ダウンブローができていなかったりダフったりしている人です。

音が鈍い人はフェースの向きが飛球方向に向いていない可能性が高いので注意しましょう。

スイングのリズムが良い

スイングのリズムはどのクラブでも共通して言えることです。よく見かけるのがバックスイングだけ異様に遅くて、それ以降に加速するパターン。これでは体の捻りも上手く使えないので良い打球を飛ばすことはできません。

ゴルフが上手い方の特徴はスイングのリズムが一定なことです。綺麗なフォームで打てているのにも関わらずプロゴルファーがスコアを急激に崩してしまうのは、リズムの若干のズレからくるものが多いです。

それほどスイングのリズムは大切なので、自分なりのリズムを意識しながら練習すると安定したショットを打つ事ができるようになります。

スコアアップにアイアンの上達は必須

Top Swing

アイアンは狙うことが目的のクラブです。アイアンを極めればパーを狙うような守りのアプローチではなく、バーディを狙う攻めのアプローチができるようになります。

これだけでも十分ですが、ピンまで行くまでにも木を避けたりバンカーを避けたり、最短のルートでボールをピンまで運ぶ事ができるのでとても重要な役割を持っています。

意識として重要なのは「飛ばす」ではなく「狙う」です。特に初心者は飛ばしたいという願望に陥りやすいので注意しましょう。

逆に飛ばしたいという願望を抑えることができれば周りと差をつけることができます。なぜならほとんどの初心者は飛ばすことに執着するから。

周りが飛ばす練習ばかりをしている間に狙う練習をしていれば、確実に差をつける事ができます。

飛距離に関しては初心者のうちは練習しても大差が開くことはないので安心してください。

むしろ狙った場所に落とせるようになれば、体を上手く使いこなせている証拠なので、飛距離は勝手に伸びているはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はアイアンが上達するコツは3つあります!【証拠あり】についてお話しさせていただきました。

主観的なものから客観的なものまで知ることができたと思います。

言われないと意識しないことが多い内容だったので、今回の内容を意識すれば確実に周りに差をつける事ができるはずです。ぜひ、実践してみてください!

関連記事

  1. パーフェクトボディコントロール理論を実践しよう!イメージ通りにい…
  2. トップの位置が高いスイングで飛距離アップ!物理学的にも実証されて…
  3. 手打ちからの卒業【ゴルフはカラダ全体を使ってスイングします】
  4. ゴルフスイングはゆっくり振るとヘッドが加速する。〜ショートゲーム…
  5. ゴルフスイングの切り返し|トップからの正しい切り返しでインパクト…
  6. ショートアイアンの基本的な打ち方を解説します【具体的】
  7. オーバーラッピンググリップ?インターロッキンググリップ?ドライバ…
  8. 【初心者向け】アイアンの打ち方を解説します【上達する】

おすすめ記事

  1. 【ゴルフ】オナーってなに?
  2. 【ゴルフ】オーバースイングの直し方
  3. 【ゴルフ】エージシュートってなに?
PAGE TOP